セリカ軍 ‐ ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王

スポンサーリンク

セリカ

東山奈央

本作ヒロイン。その正体はソフィアのアンテーゼ王女様。
ファミコン全体でも屈指の可愛さを誇ったオリジナル版から、今作では少々濃い目の美人といった風に。プリンセスへクラスチェンジ後はその傾向に磨きがかかります。
ユニットとしては安定的な成長をするうえ、エクスカリバーやライナロックの習得ラインナップに、また専用の宝剣ソフィアが追加されたりと、優秀なうえに恵まれています。ただし、クラスチェンジしても移動力が最低の4から増えないので、2章の開始時に無料配信のブーツを使用するのもいいのではないかと。

メイ

稲川英里

修道院で働く魔道士。
普通の場面のグラフィックは普通に可愛いのに、公式やステータス画面などのグラフィックは何と言うかちょっと頭悪そうな感じで可愛いです。
ユニットとしては耐久面に不安はあるものの、攻撃の伸びと十分な素早さで使いやすい部類と言えます。また、神官のレベル6になるとレアなサイレスを習得します。

ボーイ

佐々木拓真

修道院で働く魔道士。
砂漠の国の王子様のようなイケメンになりました。しかし、ユニットとしてはメイと比べて速さが低く、序盤の使い勝手に結構な差があります。活躍させたければしばらくは速さが上がるまで吟味したほうがいいでしょう。習得魔法も早めにアローを覚えるものの、安定したエクスカリバーまでが遠いです。

ジェニー

堀中優希

修道院で働くシスター。
オリジナル版よりも幼くなり、修道院勢の妹分になりました。意外なソニアとの支援会話がある一方で、セーバーとは会話どころか支援効果すらもなく、もしかしたら公式的には本当に何も関係ないのかと思ってしまいます。一応、年上好きという本人の発言はあるのですけれど。
ユニットとしては、余程のことをしない限りセリカ軍の唯一のシスターとなるだけに、まず普通にレギュラーとなるでしょう。遅くとも4章までには聖女になって、毒沼を渡る味方に回復を撒きたいところです。

セーバー

子安武人

ノーヴァ島の傭兵。
グラフィックは割とオリジナル版をそのまま進化させた感じ。ジェニーを差し置いてジェシーとの支援会話があり、もしかしたらライターさんにお願いする段階で一文字を間違えたのではとか思ってしまいます。
ユニットとしては、そこまで成長が良いわけではないものの、加入時期の速さと守備の上がりやすさで主力になることが多そうです。もちろん、ループもできるので最終的な戦力としても十分。

バルボ

藤原貴弘

元軍人のアーマー。
どこかジブリ作品に出てきそうなスッキリとしたアーマーキャラになりました。今作ではダッハに復讐する理由の詳細が語られ、死亡時の台詞がなかなか泣けるものになっています。
ユニットとしては強みの守備がよく伸びる反面、魔防が壊滅しているのはオリジナル版の通り。マップに魔女がいるかどうかで存在価値が変わってきます。

レオ

松田修平

バルボを慕うアーチャー。
まさかのオネエキャラへと変貌し、公式サイトの登場時から話題になりました。
パイソンと同じく成長自体は良くはないものの、弓の性能のお陰でなんとかなっている感じ。セリカ側のマップの性質的にボウナイトを急ぐ必要はないので、スナイパー時はじっくり育てたいところです。

カムイ

高橋孝治

バルボに雇われている傭兵。
遠方の国の出身ということで和風の衣装となり、セーバーとの明確な差別化が計られました。糸目で頓着ない性格が強キャラ感を醸し出しています。ただしドラゴンゾンビは大の苦手。
成長はセーバーよりも守備で劣るぶん、技や速さのバランスが良いといった感じ。魔防は低いので早めに魔戦士を目指したいところです。ちなみに魔道士にすると賢者レベル5で珍しいフリーズを習得します。

パオラ

種田梨沙

アカネイア大陸からやってきたペガサスナイト。三姉妹の長女。
グラフィックに関してはすでにFEヒーローズなどの出演もあるだけに、従来通りのイメージと言えます。死亡時の台詞が変更されなかったのは意外というか、いろいろと物議を醸しそう。
ユニットとしては、ファルコンナイトというだけで優秀な戦力になれたオリジナル版に比べ、そのファルコンナイトの弱体化と、また得意のトライアングルアタックがスキル化したことでこれも実質弱体化となり、このダブルパンチではさすがに微妙な存在になってしまいました。成長力も相変わらず三姉妹の中では最低ですが、攻撃力の初期値と伸びはいいので、トライアングルアタックとの相性は一番良かったりします。

カチュア

生天目仁美

アカネイア大陸からやってきたペガサスナイト。三姉妹の次女。
もう正式なシリーズでは6作目の登場となる本作にて、初めてクール属性が付与されるという軽い事件が起こっています。支援会話がところどころ切ない。
ユニットとしてはパオラと大体同じ。カチュアの成長力を持ってしてもヘタれる可能性が高く、せめてクラスチェンジはきっちりレベル20になってから行いたいところです。

アトラス

櫻井トオル

山の村の村人。
お前一人でもギースを倒せるんじゃねというくらい屈強な見た目になっています。上記の2人ともども、ギースを倒す前にミラへの谷をクリアすると一旦離脱してしまう点には一応注意を。再加入は可能です。
ユニットとしては、初期値の通り力ばかりが伸びる脳筋タイプ。間接攻撃のほうが安全なのと、またレスキューを習得することからも、意外に魔道士が正解なんじゃないかと思います。もちろん稼げるならループを挟むのもあり。

ジェシー

四宮豪

砂漠の砦に捕まっている傭兵。
立ち振る舞いを含めてやたらとアメリカンなキャラクターになりました。記憶の欠片で過去にシルクを助けていることがわかり、メイン以外で部隊を越えた支援を持つ珍しいキャラでもあります。
傭兵系の中では最も魔防が高く、守備以外もバランス良く成長します。

ディーン

最上嗣生

ギースの部下の剣士。
オリジナル版ではミラへの谷のブライと同じポルナレフな髪型だったのに、凄腕剣士として王道的でカッコいい見た目に変更されました。支援会話などもいかにもな感じを漂わせます。
しかしユニットとしては、それ以前にソニアとの二者択一で選んでもらえるかが課題といったところ。強みは村人ループが可能なことのほか、魔道士にすれば賢者レベル5でレアなサイレスを習得したりします。

ソニア

下田レイ

ギースの部下の魔道士。ジュダの娘でマーラとヘステの妹。
オリジナル版とはまた異なるお姉さんキャラへ。ジュダとはドーマの沼での戦闘に限り専用台詞が用意されています。マーラとヘステにも欲しかったところです。
ディーンとの二者択一は従来のメリットに加え、今作では初期習得のエクスカリバーが優秀なのと、またリワープとドローという2つのレア魔法を習得するためにさらに有利になっています。特にドローは彼女専用。

エスト

村川梨衣

アカネイア大陸からやってきたペガサスナイト。三姉妹の末っ子。
性格や成長力はいつも通りのエストと言えますが、姉と同じく弱体化のダブルパンチを受けているだけに、焦ってクラスチェンジを早めると下手をすればシリーズ最弱のエストになることもあります。

ノーマ

稲葉実

ノーヴァ修道院の賢者。
オリジナル版よりも奥まった場所にいるため、さらに見逃す人が増えそうです。ユニットとしては魔法職相手なら十分に戦えます。もちろん成長力に期待してはいけません。

コンラート

佐藤拓也

謎の仮面の騎士で、その正体は異母兄。
仮面の有無で性格が変わるという、外伝よりは覚醒やifにいそうなキャラクターをしています。ユニットしては加入のタイミングが遅いという不利はあるものの、男性陣の戦闘職では魔防が高く、終盤の主力として育てるのもいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^