アルム軍 ‐ ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王

スポンサーリンク

アルム

花江夏樹

本作主人公。ソフィアの聖騎士マイセンの孫。
オリジナル版から粗野さが抜かれ、今風の爽やかなイケメンとなりました。マイセンに代わってソフィア解放軍に参加し、やがてはリーダーを受け持つまでになります。
ユニットとしては成長は申し分なく、またクラスチェンジのタイミングが任意になったことで、きっちりレベル20で行えばまず普通に主力となるでしょう。それでもヘタれた場合は迷わず井戸やドーピング類を。

ルカ

櫻井孝宏

ソフィア解放軍のソルジャー。
今作では中流貴族という設定が加えられ、礼儀正しさが強調されたキャラクターとなりました。また、フォルスが緑色になったことで、2人で外伝の赤緑の担当となった…のかもしれません。
ユニットとしては特別弱いわけではないのですけれど、今作で改めて感じたのは、アルム側はアーマー系が活きるマップがほとんどないのだなぁということでした。

グレイ

谷山紀章

ラムの村のアルムの幼馴染の一人。
イケメン枠から意外な地黒のキャラクターへ変貌しました。強制加入の一人でもあり、所々でロビンと共にストーリーに絡んできます。
正直どうにでもなる男性村人であるせいか、成長率はかなり抑えられた印象です。ラムの村の痕跡的にも傭兵が一応のデフォルトのようなので、もうループ前提で即クラスチェンジしていいのではないかと。

ロビン

阿部敦

ラムの村のアルムの幼馴染の一人。
グレイを差し置いてまさかのイケメン枠となりました。しかし性格はややヘタレ気味。大家族の長男ということで、お給料目当てにソフィア解放軍に参加します。グレイと同じく強制加入の一人。
成長もグレイと同じく抑え気味で、1ピンのくしゃみを連発します。村の痕跡的にはアーチャーがデフォルトと思われますが、聖なる弓やキラーボウがあってようやく使えるレベルになるかといったところ。

クリフ

斎賀みつき

ラムの村のアルムの幼馴染の一人。
特にそういった説明はないものの、良いとこの坊ちゃん風な雰囲気を漂わせます。性格は気弱からややひねくれへ変化。グレイ&ロビンと違って任意加入でもあります。
成長は上記2人に比べればさすがまともな部類で、また村の痕跡の通り魔道士にすればアローやオーラなどの魔法を習得します。魔防も男性陣では優秀な部類です。

エフィ

種崎敦美

新キャラ。ラムの村のアルムの幼馴染の一人。
言うほどヤンデレやサイコパスではないけれど、普通かと言ったらそうでもないレベルで一途にアルムを想い続ける女の子。どちらにせよ、これだけ話題になれば新キャラとして大成功だと思います。
ユニットとしては、初期唯一の女村人ということでクラスチェンジ先に悩みますが、アルム軍序盤のリブロー、便利なレスキュー、また唯一のアゲインを習得することからも、個人的にはシスターが正解ではないかと。

シルク

いのくちゆか

ノーヴァの修道院から来たシスター。
おかっぱ要素は残しつつかなり大人びた雰囲気になりました。加入の際にシステム的にも重要な「ミラの歯車」をもたらします。アルムとセリカ両方の正体を知る貴重なキャラクター。
エフィをシスターにしなければアルム軍序盤唯一の回復係となりますが、リブローを習得しないのと、得意のワープの有効範囲に制限ができたことで、シスターとしての性能は正直微妙な感じに。しかし、魔戦士を呼び出すイリュージョンがなかなか強烈で、実態は祈祷師かもしれません。

クレア

遠藤綾

ソフィア解放軍のペガサスナイト。クレーベの妹。
クレーベとともに上級貴族という設定が加えられ、金髪のですわ調という、トップクラスにキャラクターが改変されています。攻撃優勢時のドヤ顔がかわいい。兄とともに強制加入の一人です。
エフィをシスターにするなら従来通りアルム軍では唯一の飛行系となり、当然お役目は多くなります。成長は依然優秀なので、遅くとも3章の中盤までには安定した強さになっていたいところです。

クレーベ

神谷浩史

ソフィア解放軍のソシアルナイト。クレアの兄。
アルムに任せるまで解放軍のリーダーを務めます。クレアと同じく上級貴族の設定が入り、相応に柔らかい雰囲気となりました。強制参加の一人でストーリーにも度々絡んできます。
ユニットとしては…、騎馬系では唯一下級職から加わるというのに、下手をすれば最上級まで上げても一番弱いという体たらく。魔法防御の低さもあって、残念ながら設定負けしているユニットの筆頭と言えます。

フォルス

相楽信頼

ソフィア解放軍のソルジャー。
クールっぽかったオリジナル版から、暑苦しい熱血キャラという改変が成されています。平民の出のため、クレーベのことを「様」付けで呼ぶという結構な違和感を放ちます。
ユニットとして、アーマー系自体の活かしどころがないというのはルカのところでも述べた通り。唯一、ハードのリゲル城なら入口の2マスをルカとともに塞ぐなんてのはなかなか絵になりそうです。

パイソン

川田紳司

ソフィア解放軍のアーチャー。
新たに皮肉屋という性格付けが成され、またフォルスとのコンビ感も強調されました。片方が没した場合の後日談はそれぞれでかなり明暗が分かれています。
成長力はロビンとどっこいどっこいのレベル。同様に聖なる弓やキラーボウがあればやっていけます。もはやそれ前提のバランスなのかもしれません。

リュート

梯篤司

森の村の魔道士。デューテの兄。
公式サイトに出た時点ではどれだけ尊大なキャラになったのかと思いきや、実際はやや痛くて友達もいないという、残念で愛すべきお兄ちゃんでした。
成長力では妹に負けるものの、耐久面や射程3の魔法の有無で一応の住み分けはできていると言えます。何より今作では魔法の仕様的にエクスカリバーが優秀なため、これを習得しているだけで活躍機会がありそうです。

マチルダ

甲斐田裕子

ソフィア解放軍のパラディン。クレーベの恋人。
見た目から話し方まで女騎士然となり、そのまま北欧神話に出てきそうなキャラクターとなりました。それでいてクレーベへの盲愛が強調されているギャップが凄まじいです。
ユニットとしては、オリジナル版と変わらぬバランスの良い成長力と高い魔法防御で依然として優秀です。クレーベの体たらくも相変わらずなので、普通にやれば最も強くなる騎馬系と言えるでしょう。

デューテ

鈴木絵理

タタラに洗脳された魔道士。リュートの妹。
ボクっ娘+八重歯という要素が加えられました。別にボクっ娘好きではありませんが、個人的には非常に納得できる変更だと思います。洗脳時の表情もあれはあれで需要がありそうな。
初期習得のオーラに加え、高い攻撃の成長力とライナロックで屈指の破壊力を持つ魔法兵となります。加入で転移をなくすのはお約束ですが、今作では神官のレベル10でレアなリワープも習得します。

ティータ

田村奈央

ヌイババ館に捕らえられている聖女。ジークの恋人。
ニーナ様の髪を緑色にしただけのようだったオリジナル版から、見た目や性格がかなり幼くなりました。今作のヌイババと直接の絡みがあったとしたらいろいろと地雷を踏んでいそうです。
ユニットとしては、何よりも唯一のリザーブ習得者なだけに、それだけで出撃させる価値があるというもの。可能なら竜の盾を持たせ、すぐにリザーブぶんのHPを回復できるようシルクとセットで行動させたいところです。

ジーク

井上和彦

リゲルのゴールドナイト。記憶喪失。
もっとベルクトなどとのやりとりがあるかと思いきや、それほどストーリーには絡んできませんでした。個人的にはコンラートと仮面についての支援会話が欲しかった。
成長力は高いのに、最上級職のせいでそれを活かせないという点はオリジナル版と同じ。なので「村人のフォーク」を活かせるユニットの筆頭と言えます。楽に強いユニットが欲しい場合は。

マイセン

中博史

ソフィアの聖騎士。アルムのじいさん。
オリジナル版に比べてややスッキリとした顔グラになりました。ユニットとしては成長力には期待できないものの、5章中であれば即戦力にできるよといったくらい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^