味方ユニット ‐ ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣

スポンサーリンク

マルス

クラスロード
加入序章 起

アリティアの王子。
これまで根暗、爽やか好青年ときて、今作では意志の強さを感じさせる顔立ちになりました。また、新規加入者との会話が追加されたことで、会話の節々に後の英雄王らしい器の大きさが表現されています。相変わらずクラスチェンジはないものの、レベル上限が30に増加したことで、まとまった強さになれると思います。

アベル

クラスソシアルナイト
加入序章 承

アリティアの騎士。
序章で多少の出番が増えた程度。立ち位置に主だった変化はありません。

フレイ

クラスソシアルナイト
加入序章 承

新キャラその1。アリティアの騎士。
アゴ髭がセクシーなラテン系のキャラクター。アベルカインに比べると多少年齢が行っているように見えます。騎士団内ではどのような立ち位置なのでしょうか。
シリーズで愛着高い初期メンバーの中における唯一の新キャラということで、恐らく序章の囮に選ばれる可能性が最も高い、というかそもそもそのために用意されたまである可哀想なキャラだと思います。しかし、成長率はアベルカインと同等以上。過去作経験者はあえて使ってみてはいかがでしょう。

ジェイガン

クラスパラディン
加入序章 承

アリティアの騎士隊長。
成長率が「本人+クラス」の構成になったことで「育たないわけではない」レベルになっています。兵種変更でドラゴンナイトにして買物などの支援係に転じるという手も。

カイン

クラスソシアルナイト
加入序章 承

アリティアの騎士。
立ち位置的にはアベルと変わらずですが、登場時の「いずこにおわす!」という古風な台詞で結構なインパクトを放ちます。

ゴードン

クラスアーチャー
加入序章 結

アリティアの弓兵。
今作では序章で加入イベントが追加され、結構な恐怖体験をします。

ドーガ

クラスアーマーナイト
加入序章 結

アリティアの重騎士。
アリティア勢の中では実質序章不参加ではありますが、ジェイガンが没している場合はその序章のラストや1章の冒頭で代役を担当するなど、どこか風格が備わりました。

ノルン

クラスアーチャー
加入序章 結

新キャラその2。女性の志願兵。
序章のクリア時、囮以外に最低1人の死亡者がいるとドーガと一緒に登場します。性格の良さそうな女の子。直前の村で聞ける孫娘当人かもしれません。
ユニットとしては弓兵に重要な速さの成長率が良く、はっきり言ってゴードンよりも使いやすいです。また、オームを考慮するなら実質犠牲者なしで加えられる新キャラでもあります。

シーダ

クラスペガサスナイト
加入1章

タリスの王女。
個人的に今回のキャラデザ変更で最も可愛くなったのは彼女だと思います。が、同時に性格が悪そうにもなったような。エンディングのやりとりも改悪されたせいで、最後の「もちろん、よろこんで……」の場面では「計画通り」感が滲み出ています。

リフ

クラス僧侶
加入1章

復帰キャラその1。タリスの僧侶。
加入時の台詞に反し、本作では4章から兵種変更で戦わせることも可能です。

オグマ

クラス傭兵
加入2章

タリスの傭兵。
シーダとの会話が追加された程度で、基本的な立ち位置は変わらず。

バーツ

クラス戦士
加入2章

タリスの戦士。
まず何よりウォーリアーへのクラスチェンジが追加されたことに加え、神器級の武器であるオートクレールも登場し、一気にほかの戦闘職と肩を並べるまでになりました。が、兵種変更の存在でそれらの感激が薄められてしまうのがなんとも残念です。

サジ

クラス戦士
加入2章

タリスの戦士。
バーツとほぼ同様です。

マジ

クラス戦士
加入2章

タリスの戦士。
バーツとほぼ同様です。

ダロス

クラス海賊
加入2章

復帰キャラその2。タリスの海賊。
こちらも戦士と同じくバーサーカーへのクラスチェンジが実装されましたが、兵種変更で感動が薄まる点も同じです。もしも唯一のバーサーカーだったら必殺率の補正もあり、割と真面目に面白い存在になれたと思うのですが。

カシム

クラスハンター
加入2章

タリスの猟師。
紋章の謎と同じくホースメンにクラスチェンジ可能ですが、初期が同系統である2名が意味不明な高成長率を与えられているため、彼の場合は兵種変更がある種の逃げ道になっているかもしれません。

ジュリアン

クラス盗賊
加入3章

サムシアンの盗賊。
兵種変更の煽りを受けないことで、相変わらず重要な立ち位置となっています。

レナ

クラスシスター
加入3章

マケドニアのシスター。マチスの妹。
フードがなくなり、ちょっと雰囲気が大人びました。

ナバール

クラス剣士
加入3章

サムシアンの用心棒。
傭兵から剣士となり、オグマとは封印の剣のディークとルトガーの如く特性で分けられました。グラフィックは典型的な長髪剣士の系譜であるとともに、ちょっと中国拳法を使いそうでもあります。

マチス

クラスソシアルナイト
加入4章

マケドニアの騎士。レナの兄。
リメイクされるたびに情けない顔になっていく珍しいキャラ。加入後のマルスとの会話ではミシェイルをかなり恐れていることがわかります。

マリク

クラス魔道士
加入4章

カダインで修行中の魔道士。
初代作に比べて加入する場所がマイナーチェンジしたほか、これまで専用であったエクスカリバーが「優遇」止まりになったり、クラスチェンジが特別仕様でなくなったりと、これまでの贔屓がフラット化されています。

ハーディン

クラスソシアルナイト
加入5章

オレルアンの王弟。
マルスとのそこそこカッコいい会話が追加されたものの、英雄戦争のない本作においてはインパクトも含めて可もなく不可もなくといったところ。

ウルフ

クラスホースメン
加入5章

ハーディンの部下。
ホースメンが引き続き上級職であり、これが兵種変更と合わさって、特にジェネラルにすることで序盤から強力な壁になることができる、というあたりまでは面白いのですが、それに加えてザガロとともに異常な成長率が与えられたのは、果たしてどんな意図があったのか制作側に問うてみたいところです。

ザガロ

クラスホースメン
加入5章

ハーディンの部下。
上で述べた通り、ウルフとともにチキも真っ青の成長率を誇ります。隠れた救済ユニットであり、人によっては縛る必要もありそうな。

ロシェ

クラスソシアルナイト
加入5章

ハーディンの部下。
紋章の謎のお陰でハーディンズの中では存在感のあった彼も、今作では上記2人のせいですっかり空気となっています。

ビラク

クラスソシアルナイト
加入5章

ハーディンの部下。
空気になってしまったロシェよりもさらに空気です。

ウェンデル

クラス司祭
加入5章

カダインの司祭。
立ち位置などはこれまでと特に変わらずですが、説得するまでが好戦的になっており、迂闊に近付くと手痛い魔法を食らいます。

リカード

クラス盗賊
加入6章

ジュリアンの弟分。
これまでのグラフィックにあった笑顔が消え、やけに真面目な顔つきになりました。終盤に裏切りそうな雰囲気すらあります。

アテナ

クラス剣士
加入6章外伝

新キャラその3。少女剣士。
名前に反して東洋系な見た目と、封印や烈火のサカ族のような喋り方が特徴です。マルスに対して「ばか」と言い放つ貴重なキャラクター。
ユニットとしてはそこまで成長率が良いわけでもなく、それよりはアカネイア編で初の女性剣士という点がウリなのかもしれません。兵種変更はともかく初期設定として。

バヌトゥ

クラスマムクート
加入7章

マムクートの老人。
従来通りの壊滅的成長率に加え、兵種変更もできず、火竜石はもう1つ手に入るのでチキに渡すまでもなく、かといって高値で売ることもできず、そして裏技で壁になることもできず…と、これまで以上にチキの説得役のみの出番となっています。

シーザ

クラス傭兵
加入8章

ワーレンの傭兵。
毎回思うのですが、ワーレンでお手伝いをしてくれるのはいいとしても、そのままマルスたちに従軍するのは問題ないのでしょうか。シリーズによっては緑色になりそうです。

ラディ

クラス剣士
加入8章

ワーレンの傭兵。
今作ではこちらが剣士となり、シーザと一応の差別化が計られています。ただ、成長率は並でしかなく、隠れた実力者のアイデンティティーは失ってしまいました。

ロジャー

クラスアーマーナイト
加入8章

復帰キャラその3。グルニアの重騎士。
復帰とともに、どちらかと言えば残念な方向へイメチェンされました。加入後のマルスとの会話は必見です。成長は引き続き幸運が高め。

ジョルジュ

クラススナイパー
加入9章

アカネイアのスナイパー。
加入章が本来の章に戻ったくらいで、立ち位置などに変化はありません。

マリア

クラスシスター
加入10章

マケドニアの王女。ミネルバとミシェイルの妹。
立ち位置に変化はないのですが、今作ではオームが王女専用ということで、シーダやミネルバとともに新たに使用可能になっています。特にメリットはありません。

ミネルバ

クラスドラゴンナイト
加入10章

マケドニアの王女。ミシェイルの妹でマリアの姉。
今作では神器級の斧であるオートクレールを携え、7章の段階から結構な威圧感を放ちます。また、その7章でも撤退までの期間が長くなり、三姉妹とともに普通に撃墜が可能になりました。加入しなくなるなどのデメリットはないのでご安心を。

リンダ

クラス魔道士
加入11章

大司祭ミロアの娘。
マリクと同じくオーラが専用から「優遇」止まりになったばかりか、これまで常に上位であった成長率もかなり抑えられてしまっています。

ジェイク

クラスシューター
加入11章

復帰キャラその4。グルニアの戦車兵。
兵種変更ではなれない貴重なシューターの1人であり、説得の際もまず市場の民家でアンナさんの話を聞いたうえで、シーダを飛行系以外に兵種変更か、ポイントセーブを駆使して攻撃を避けるまで繰り返すなどの手間を要するという、城に居座るに恥じない存在となりました。おまけに彼女持ちの設定が考慮されてか顔グラも凛々しくなっています。

ミディア

クラスパラディン
加入12章

アカネイアの騎士。
暗黒竜からはもちろん、紋章と比べてもかなりの風格が出た、というか年齢設定が大幅変更されたレベルで変化しています。余程お暇であればブログのほうへ。

ボア

クラス司祭
加入12章

アカネイアの司祭。
ミディアやジュルジュを差し置いてアストリアとの会話があったりします。

ミシェラン

クラスアーマーナイト
加入12章

アカネイアの重騎士。トムスと双子。
凛々しいハゲなのは紋章からのままですが、今作ではやや悪人面になり、例えば序盤に登場する山賊団のボスみたいな風貌になっています。しかし、この2人でニーナ様の両脇を固めるというのも、それはそれで絵になるような。

トムス

クラスアーマーナイト
加入12章

アカネイアの重騎士。ミシェランと双子。
初代作の攻略から当たり前に「双子」と表記していますけれど、一切の台詞がないキャラだけに双子という確証はなかったります。まあ、双子だと思いますが。

トーマス

クラスアーチャー
加入12章

アカネイアの弓兵。
思えば暗黒竜ではゴードン、ウルフ、ザガロ、そしてこのトーマスと見事な四ツ子だったのに、すっかり各々の方向で上手にアレンジされたものです(しみじみ)。

ホルス

クラスジェネラル
加入12章外伝

新キャラその4。アカネイアの重騎士。
領地の住民を守るためにドルーアに降り、裏切り者の汚名を被っているイケメンさん。倒さずに制圧という本作では珍しい加入条件となっています。マルスで会話も可能。
ユニットとしてはロレンス級の強さをほこる反面、成長率はかなり低かったり。ウルフザガロや兵種変更を縛っているなら出番もあるのではないかと。

ベック

クラスシューター
加入13章

復帰キャラその5。ディールの戦車兵。
暗黒竜ではジェイクよりも一応は凛々しい顔をしていたのに、向こうが彼女持ちの設定を活かしてイケメン化した煽りを食らい、こちらは必要以上に間の抜けた表情になってしまいました。封印の剣のトレックに似ています。
シューターが長射程になったことでワープを用いなくとも加入直後から活躍可能になったというのに、肝心のサンダーボルトの耐久が10発まで減ってしまったのがなんとも痛いところ。完全一品物という点もそのままです。

アストリア

クラス勇者
加入13章

アカネイアの剣士。
紋章の謎で削られたマップが復帰して、再びシューター軍団の中に放り込まれました。周りがプッシューンプッシューン言ってて結構な緊張感がありそうです。

パオラ

クラスペガサスナイト
加入14章

マケドニアの天馬騎士。三姉妹の長女。
今作ではカチュアとエストの成長率が逆転するというちょっとしたパラダイムシフトが起こっていますが、パオラさんには何ら関係のない話です。

カチュア

クラスペガサスナイト
加入14章

マケドニアの天馬騎士。三姉妹の次女。
今作ではついに成長率で妹を抑え、また憎きシーダにも差を付けました。

アラン

クラスパラディン
加入16章

訳あってアリティアに住む元騎士隊長。
暗黒竜では中性的な見た目に見えなくもなかったのに、今作では肩のトゲトゲの物騒さもあって世紀末にヒャッハーしてそうな風貌となっています。

サムソン

クラス勇者
加入16章

訳あってアリティアに住む元剣闘士。
この2人、どんな理由でアリティアにいるのか知りませんが、その土地の王子に対し「こんなところで暮らしておりますが」発言はすごいもんだと思います。

チェイニー

クラスコマンド
加入16章

遠い国から来た男。
本作においては正体不明の変な奴でしかないと思いきや、チキとの会話が用意されていたりします。変身能力はバグの頻度が高いので使用しないのが無難です。

エッツェル

クラスソーサラー
加入17章外伝

新キャラその5。流れ者のソーサラー。
グラの裏切りが原因で妻のアーシェラを亡くしており、形見の指輪を物質にされて一応の敵として登場します。ホルスと同じく倒さずに制圧が加入条件。
味方では唯一のダークマージ系だというのに、兵種変更のせいでそんな希少性も意味を成さなくなっているのはほかのキャラでも述べている通りです。とはいえ、ダークマージ系にも特に闇魔法や専用魔法があったりするわけでもありません。成長率も平均以下。

エスト

クラスペガサスナイト
加入18章

マケドニアの天馬騎士。三姉妹の末子。
これまで三姉妹で最も高い成長率を持ち、総合でも上位の常連だったはずが、カチュアに越されたばかりか、総合でもトップ5から転落するという屈辱を受けています。

チキ

クラスマムクート
加入19章

神竜ナーガの一族の生き残りの少女。
竜石が有限の武器仕様になったとはいえ、2つの火竜石が手に入るお陰で封印のファや聖魔のミルラのように残り回数を気にする必要がないのは嬉しいところです。ガーネフに術をかけられている絵がかわいい。

ロレンス

クラスジェネラル
加入20章

グルニアの将軍。
今作ではカミュにかわって20章の城を守り、シーダのほかにマルスでも説得可能になっています。また、シーダでの加入後のマルスとの会話では、シーダが多くのユニットを説得できる後付け理由が語られそうになりますが、残念ながら濁されてしまいます。

ユミル

クラスウォーリアー
加入20章外伝

新キャラその6。グルニアの大男。
グルニアの残存兵に騙されて人質になった人々を守るため奮闘しています。マルスで話すと退却し、制圧後に仲間になるというこれまた珍しい加入パターン。
ユニットとしては、大男ということでHPは高いものの、ほかは軒並み並レベルで、成長率も低めです。最も多くの犠牲を必要とする外伝の加入キャラだけに、何かもうワンパンチが欲しかった。

エリス

クラスシスター
加入23章

アリティアの王女。マルスの姉。
本作ではオームを初期所持しておらず、24章の宝箱から入手することになります。個人的にあの宝箱にオームが入っているというのはかなりしっくりくる変更です。

ガトー

クラス賢者
加入終章

一応復帰キャラその6。白の賢者。
レアなトロンやウォームを携えているあたりはさすが高名な賢者様と言えますが、魔力がたったの「11」しかないのはどうなのでしょう。

ナギ

クラスマムクート
加入終章

新キャラその7。神竜族の女性。
ガトー様の裏技によって送られる閉ざされた空間「異界の塔」で眠っています。見た目はまんま大人になったチキで、成長率もまったく同じ数値なのに、結局のところ正体や関連性については明言がありません。ちなみにメディウスと戦わせるとメディウスのほうが正体を知っている風な台詞を吐いたりします。
ユニットとしては普通にチキの初期レベルが上がった感じ。もちろん、成長率的に同レベルまで育てたチキのほうが強くなるでしょう。また、ノルンと同じくオーム前提なら実質犠牲者なしで加えることも可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^