エメラルドドラゴン (SFC) ‐ 登場人物 (仲間)

スポンサーリンク

アトルシャン関俊彦

本作主人公。ドラグリアの龍族。18歳。
ドラグリアで数百年ぶりに生まれたブルードラゴン。縁あってタムリンと共に成長期を過ごし、タムリンがイシュバーンへ帰る際は自身の角笛を授けます。

タムリン笠原弘子

本作ヒロイン。18歳。
ドラグリアに突如現れた難破船の唯一の生存者。そのときのショックで記憶喪失に。そのまま12年間をドラグリアで過ごすも、人間としての幸せと、自身の出自を求めてイシュバーンに戻ります。ちなみに白龍様に名付けられたこの名前は、龍族古来の言葉で「清き者」を意味するとのこと。

バルソム

元エルバードの近衛兵。
フラワルド男爵の不審点を見かけて問い詰めるも、逆に冤罪をかけられて追放され、ウルワンの町の酒場で飲んだくれています。汚名返上後は近衛隊隊長として復職。

バギン

老齢の魔道士。
かつては魔軍に在籍していましたが、ファルナの実の父であるフィトマによって改心し、フィトマの死後はファルナの育ての親になることに。後にフィトマとの約束を果たすため、単身でゴーメズの討伐に向かいます。

ハスラム

エルバードの王子。22歳。
甘いマスクを活かした軟派癖を持つ困った王子様。本作では頑なに「王子様」としか呼ばないファルナに対して「名前で呼べ」というオリジナルのやり取りが追加されています。

ファルナ

ハスラムのお守り役の修道女。20歳。
上記の通り、ハスラムに対して頑なに「王子様」という身分を強調した呼び方を繰り返しますが、ハスラムが閉じ込められたとされる黒水晶が割れるや戦意を喪失してしまうほどのツンデレさん。ダードワの森のナナイの村出身で、本来はゴーメズのいけにえになるところ、両親によって逃がされます。

ヤマン

ダードワの村の酋長の息子。
戒律に縛られた村に生まれ育ちながら、その戒律に疑問を持ち、自らの判断で一行に加わる好人物。しかし、本作では何があったか退場の仕方がとんでもない理由に改悪され、軽い語り草となっています。

ホスロウ

レジスタンスのリーダー。
老いて益々壮んな白髪隻眼の武人。「完璧な作戦」を得意とし、自ら陣頭に立って魔軍との戦いに臨みます。妻と娘をオストラコンによって殺された過去を持ちます。

カルシュワル

レジスタンスの戦士。
火の英雄と言われた父を持つ有能な武人。その父を卑劣な毒殺に処したオストラコンを恨んでいます。

サオシュヤント

風の英雄と呼ばれる人物。
放った矢は丘を吹き飛ばすとか言われるほどの弓の達人で、師フシュルヌムから賜った専用弓をオストラコンに奪われたことで一行に加わります。

ワラムル

バージルの天才医者。
黒水晶に閉じ込められたハスラムを救うための材料を取りに行く際にちょっとだけ加わるスポット的な仲間キャラ。しかし、専用の体防具は本作で最高の数値を持っていたりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^