エルナード ‐ 登場人物 (その他)

スポンサーリンク

シーダ

主人子たちの師匠。神の子として生まれた人。
冒頭以降はほとんど出番がありませんが、実は、というか当然ながら物語に密接にかかわってきます。

ゲイン

ラブレスカで足止めを食らっている人。
アースの門を開けてあげるとボンロに帰り、プチサマルトリアを展開したのち「まほうのちず」をくれます。

パイソン

仲間の一人が主人公を殺すために雇った賞金稼ぎ。
初めはただの依頼だったはずが、以降は完全に私怨で主人公を付け狙います。わざわざ主人公の墓石を用意したりするのがなんとも。

ブランツ

ブルースの町の学者。
ゼレスにてメレナームまでの護衛を依頼してきます。一人称は「わし」ですが、漫画版では若く描かれていました。

クォース

ペルの穴掘り名人。
普段はただの飲んだくれも、ガンツの水問題を瞬時に解決してくれる職人気質。後半になると「もえる水」なるものまで掘り当てますが、特にアイテムが入手できたりはしません。

ペロル

ボンヌをボンロと間違えてさまよっている人。
間違いを正してあげると、人によって「リモコン」をくれたり、船に乗せてあげるから一緒にボンロへ行かないかと誘ってきたりします。人によって態度を変えるなんて普通です。

オルガン

ペングに住むオルバンの叔父。
アークを探すオルバンに対し、独り暮らしをしている大学生の実家の父親のような物言いをします。

プローサ

パドルの隊長。
「つきのアーク」と引き換えに魔女討伐を依頼してくる人。隊長だけあってテレナやポーラスにも忙しく動き回る若干面倒な人でもあります。隊長になれたのは「つきのアーク」の効力のお陰とのことなので、今後が微妙に心配です。

ルイーズ

バラン城に住む魔女。
子供攫いの犯人ですが、子供たちの反応を見るに、極悪人というわけではなさそうな。

ペジム

プローサ隊長の相棒。
展開によっては「つきのアーク」のために彼を捜索することになります。どこかの遺跡を探しているとの情報なのに、見つかるのはゼレスの酒場というプレイヤー泣かせな人。しかもこれ多分ノーヒント。

ドロス

ビルゼンの魔王。
ビルゼン全体を催眠術にかけて魔王ライフを満喫しています。実は牢屋にいる老人の息子の成れの果てであり、元は聖なる魔法の使い手だったとのこと。

ラーサ

ブルースの占い師。
100Gで残りのアークの在処を占ってくれます。

トノカ

バグアスクの老婆。
なんでも治してくれると評判ですが、主人公たちの呪いは治せませんでした。

ベルマ

ペセンドラの若者。
リジニアで神がゴーシアに負けたという噂を聞き、ペセンドラの酒場で狼狽しています。

アビコ

ペセンドラの酒場にて名前だけ登場する芸術家。
言い回し的に過去の人でしょうか。ペセンドラのお酒をこよなく愛したとされています。

ロペス

リジニアの富豪。女好き。
メレナームで買った飛空挺のお値段はなんと7000000G!

タフロ

メレナームの地下都市の研究員。
母親の「てがみ」を届けることで、お礼として開発中の「フォーマ」を見せてくれます。携帯ではありません。

ファイル

メレナームの博士。フォーマ開発の最高責任者。
フォーマの危険性を考慮し、最高傑作と自負しつつも開発を凍結させる、技術と理性を併せ持った人。とはいえ、結局フォーマは暴走するのですが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^