永遠のフィレーナ ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作は首藤剛志さんの同タイトルのファンタジー小説のゲーム版として、1995年2月25日に発売されました。
この時期の原作ものに多い傾向として、特に目新しいシステムがあるわけではありませんが、スーパーファミコン後期の作品だけにグラフィックは整っており、またUI回りにもどうにか個性を出そうとした試みが見られます。ステータスを見る際の顔の動きに「おっ」となった人も多いのではないでしょうか。

ちなみに原作はアニメージュ文庫より全9巻で発売されています。挿絵は「魔法の天使クリィミーマミ」などのキャラデザを手掛ける高田明美さん。詳細は関連商品をご覧ください。

基本事項

  • セーブはアイテム「フィレーナの日記」にて。セーブ欄は4つ
  • フィールド以外は「Bボタン」でダッシュ可能
  • 戦闘中「START」でオート設定
  • 基本的に過去の土地へは戻れない。ルーラ的手段もない
  • ついでにリレミト的手段もない
  • アイテム欄は実質無制限
  • 離脱者はちゃんと装備品をアイテム欄に置いていく
  • 装備の「重さ」の総量が「強さ」を超えるとそのぶん「素早さ」が下がる
  • 器用さ=賢さ?

武器の装備欄は3スロット

各キャラごと武器の装備欄が3スロットあり、戦闘中にLRボタンで使い分けが可能になっています。属性の異なる武器を装備させるのが基本です。武器によっては1つでスロットを2つ3つ埋めてしまうものもあります。

武具屋での反応

  • 喜び動く  … 装備可能かつ数値が上がる
  • しゃがむ  … 装備可能だが数値が下がる
  • 後ろを向く … 装備不可

大したことではありませんが、たまに混乱することがあるので。

敵にもTPあり

敵にも一般RPGで言うMPに当たる「TP」の概念があり、尽きれば通常攻撃しかしてこなくなります。これはボスとて例外ではなく、例えば厄介な全体攻撃をしてくるボスでも、回復や守りに徹していればそのうちTPが尽き、対応が容易になります。

専門用語

  • クレチア    … 奴隷階級のこと
  • バイセーラ   … 行商人のこと
  • ミメズ     … デビス神に仕えるために入信した女性のこと
  • ラリテニアン  … 元ラリテニア国民のこと
  • フィロセリアン … 元フィロセラ国民のこと

このあたり、原作小説を読めばもっと詳しくわかるんじゃないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^