ドラゴンクエスト4 導かれし者たち ‐ 裏技・小ネタ

スポンサーリンク

三章の武器屋バイトの仕組み

お客に武器を売っていき、売上が100Gに達すればその金額をもらって終了となります。
下段の3つの武器は初期状態では存在せず、売り手が現れて買い取ることで初めてラインナップに加わり、買い取った個数ぶん売ると再びなくなります。ただしトルネコが客の場合は無限に買うことが可能です。「はじゃのつるぎ」は三章最強の武器であると同時に他の用途もあるため、粘ってでも売り手の出現を待ちたいところです。ちなみに買い取り時の金額は売上に影響しません。

また、「○○ゴールドで いいんだね?」の部分で「いいえ」にすると1割引か1割増で売れることがあり、そのぶん売上も変わってきます。上図の通り、割増時の売上は通常の倍以上なので狙ってみるのも手ですが、相手の購入意欲は体感的に下がっていると思われます。

スコットとロレンスの契約解除のタイミング

三章にて雇えるスコットとロレンスは5日間という期限付きですが、実際に離脱が発生するのはフィールドのみで、いくら宿屋に泊まろうともフィールドに出ない限りは離脱しません(特にメリットはありませんが)。もちろん、時間経過のない洞窟内で離脱したり、死んだまま離脱するといったこともありません。

「ぎんのタロット」の効果

  • 太陽のカード      ⇒ 味方全員のHPが全回復する
  • 力のカード       ⇒ ランダムで味方1人の攻撃力が2倍になる
  • 月のカード       ⇒ 敵全体が幻に包まれる (100%ではない)
  • 正義のカード      ⇒ 敵全体が光の彼方に消え去る (100%ではない)
  • 星のカード       ⇒ その戦闘の取得経験値とゴールドが2倍になる
  • 塔のカード       ⇒ 雷神により味方全員が最大HPに応じたダメージを受ける
  • 悪魔のカード      ⇒ ミネアの呪文が封じられる (100%ではない)
  • 引いてはいけないカード ⇒ 味方全員が即死する (100%ではない)
  • 死神のカード      ⇒ 上記8枚を引き終えると引けるカード。モンスター「しにがみ」が出現する

四章のアッテムトで手に入る「ぎんのタロット」は、戦闘中にミネアが使用することで上記の効果がランダムで発生します。ただ、「パルプンテ」と違うのはタロットカードの性質なのか、一度引いたカードはその戦闘中もう一度引くことはなく、基本の8枚をすべて引き終えると、以降はすべて「死神のカード」となります。
太陽・力・星あたりの効果は魅力ですが、それ以上にリスクが大きく、博打性はかなり高いと言えるでしょう。

838861

言わずと知れた有名な裏技。
五章のカジノにてこの枚数のコインを買おうとすると、僅か4ゴールドで購入することができます。原因はただ単にオーバーフローによるものであり、この枚数が一周直後で一番安いということです。
ちなみに1枚10ゴールドの二章はオーバフローの金額に届きませんが、1枚200ゴールドの三章は余裕で可能です。ただし特にメリットはありません。

8逃げ

こちらも有名な裏技。
戦闘中に8回「にげる」を行うと、以降の攻撃がすべて会心の一撃になります。ザコ戦では最高でも4回目で必ず逃げれてしまうため、実質ボス戦限定です。
ちなみに原因はパルプンテの効果と「にげる」のカウントが同一のテーブルで行われているからのようで、厳密にはパルプンテの「ちからがみなぎってきた」と同じ状態ということになります。それが「8回」という絶妙な回数で成立してしまうため、より裏技っぽくなったのでしょう。応用技として、128回逃げると「ふしぎなきり」の状態になるそうです。気になる方は試しみては?

五章のトルネコの特殊行動

  • 力を溜める
  • 足払いで敵1体を1ターン行動不能にする
  • 不思議な踊りで敵1体のMPを下げる
  • 敵1体の口を塞いで呪文を唱えられなくする
  • 指を回して敵1体を混乱させる
  • 敵全体に砂をかけて命中率を下げる
  • 子守唄を歌って敵全体を眠らせる
  • くだらないダジャレで敵全体を1ターン行動不能にする
  • 大声をあげて敵全体を1ターン行動不能にする
  • つまずいて転んで会心の一撃を繰り出す
  • 旅の商人を呼び、ランダムの3回攻撃を繰り出す
  • 魔物をなだめて追い払う (ゴールドのみ入手)
  • 瀕死の味方をかばう (瀕死の味方がいる場合のみ)
  • 敵1体から宝箱を盗む
  • ぼーっとする

五章のトルネコはどの作戦であろうとも、一定確率で上記のいずれのかの特殊行動を取ることがあります。
中でも目を引くのは「敵1体から宝箱を盗む」で、はぐれメタルの「ふしぎなぼうし」やメタルキングの「はぐれメタルヘルム」を奪取する際の助けになったり、ピサロナイトの「せいじゃくのたま」やヘルバトラーの「きせきのつるぎ」を盗む ⇒ 全滅とすることで量産できたりします。もちろん、それ相応の粘りが求められますが。

「まどろみのけん」の真価

「まどろみのけん」は直接攻撃で敵を眠らせることがある逸品ですが、この追加効果はラリホー属性ではないため、つまりラリホーに耐性がある敵でも眠らせることが可能です。勇者とライアンの2人が装備して攻撃をすれば、ラスボスであっても高確率で眠らせることができるでしょう。他、一応NPCのパノンもこの剣を装備しています。

没モンスターの登場

「てんくうのよろい」のある海鳴りのほこらを出た直後の1マスは特別な海域になっているようで、ここでエンカウントが発生すると「じごくのざりがに」「シャークマンタ」「たこまじん」「ピラニアン」という4体の没モンスターが出現することがあります。遭いたい場合は「においぶくろ」を使用し、ほこらの出入りを繰り返すのがいいかと思います。

メタル系の倒し方

  • 「せいすい」で一撃で倒す
  • アリーナに「キラーピアス」を装備させて会心の一撃を狙う
  • 「まじんのかなづち」で会心の一撃を狙う (ただし呪われる)
  • 「どくばり」で急所の一撃を狙う
  • 「はぐれメタルのけん」なら2ダメージを与えられる
  • 「パルプンテ」で魔人や地割れが出れば一挙に殲滅できる
  • 「ドラゴラム」やドランの「ふぶき」なら複数に1ダメージを与えられる
  • 「ミラーシールド」で呪文を跳ね返すとダメージになる
  • 「どくがのナイフ」でマヒさせることも可能

今作ではなんといっても「せいすい」の効果が絶大です。補充が少々面倒とはいえ、メタルキングを倒すのならこの方法に頼るのが最も効率が良いでしょう。

今作のメタル系の出現場所は、まずエンドールの南にある王家の墓が第1ポイント。1階なら「さいごのカギ」がなくても問題ないので船を入手した時点で来ることができますが、レベル差が気になる人はライアンが加入してからのほうがいいかもしれません。
もうひとつは終盤、闇の洞窟を抜けた先の架け橋の塔に、メタルキング1匹+はぐれメタル数匹の構成が出現します。立地的にも最高で、まさに最後の稼ぎ場といったところ。

「パルプンテ」の効果一覧

■ ボス戦でも発生
  • 味方全員のHPが回復する
  • 敵味方全員が力を溜める
  • 味方全員の力がみなぎって攻撃がすべて会心の一撃になる
  • 味方全員の守備力が上がる (スクルトの2倍の効果)
  • 味方全員の素早さが上がる (ピオリムの2倍の効果)
  • 敵全体が幻に包まれる
  • 敵味方全員のHPが回復する
  • 敵味方全員が眠る
  • 地震が発生して敵味方全員が約50のダメージを受ける
  • 魔人が現れて敵全体を攻撃してくれる
  • 使用者が竜に変化する
  • 時間が止まり3ターンのあいだ使用者しか動けなくなる
  • まばゆい光が発生して使用者が大ダメージを受ける
  • 戦闘終了後の経験値とゴールドが2倍になる
  • 山彦となって響くだけで何も起こらない
■ ザコ戦のみ発生
  • 敵全体のMPがゼロになる
  • 敵味方全員のMPがゼロになる
  • 敵味方全員が混乱する
  • 敵全体がメタルスライムになる
  • 恐ろしいうめき声が聞こえて味方全員が1ターン動けなくなる
  • 地震が発生して敵全体が地割れに飲み込まれる。経験値とお金は入る
  • 敵全体が砕け散る。経験値とお金は入らない
  • 白い竜が現れて敵全体を連れ去る。経験値とお金は入らない
  • 戦闘を離脱してどこかの町へ飛ぶ
  • 不思議な霧が発生して呪文がかき消されるようになる
  • とてつもなく恐ろしいものを呼び出して味方全員気絶し、敵もすべて逃亡する

登場からシリーズ3作目ともなれば、その効果もかなり多岐に渡るようになりました。抜けはあるかもしれません。
3と大きく異なるのは、ボス戦でも多くの事象が発生するようになったことでしょう。しかし正直デメリットほうが大きく、特に最終形態のデスピサロが力を溜めてしまうと、2倍の威力の「かがやくいき」が飛んでくることもあるので重々注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^