ドラゴンクエスト4 導かれし者たち ‐ 第三章 武器屋トルネコ

スポンサーリンク

レイクナバ

宝箱など
やくそう (ツボ)

第三章は武器屋志望のトルネコを主人公に、お金稼ぎが主軸となる珍しい章となっています。
まずは武器屋で数日バイトをし、稼いだお金で装備を整えましょう。可能であればここではじゃのつるぎの売り手が現れるまで粘ると今後でいろいろ得ができます。現れた場合はバイト中に売ってしまわないように。バイトの仕組みについては裏技・小ネタを。また、トムじいさんを教会に押すことでも小銭がもらえたりします。

ある程度装備が整ったら、「てつのきんこ」を取りに「きたのどうくつ」へ行きましょう。ただし、全滅しない自信があるなら当然不要なアイテムですし、また五章へ進んだらなくなってしまうので、本章で取らずに五章で取るという手もあります。

ちなみに三章限定の特殊事項として、敵が一定の様々なアイテムを落とすのと、旅の商人の出現があります。
前者は恐らくすべての敵に判定があり、運が良いといきなりスライムがてつのよろいを落としたりします。後者はエンカウントで出現して、道具屋か宿屋を利用でき、主にアイテムの売却で役立ちます。

きたのどうくつ

宝箱
くさりがま (B2)
「てつのきんこ」 (B5)

転がってくる岩や、落ちている岩を利用して「てつのきんこ」を取りましょう。
次は南のボンモールのお城へ。

ボンモール

やることは2つあり、ひとつはキメラのつばさを購入して牢屋へ行き、トムじいさんの息子を脱獄させてあげること。もうひとつはリック王子と話し、夜に右隅で「おうじのてがみ」を受け取っておくこと。
ほか、ここは防具不足のため、城内の左下の老人に防具を高めで買い取ってもらうことが可能です。通常売値の2倍くらいは楽に出せます。少しでも得をしたければ。

レイクナバ

トムじいさんの息子から犬のトーマスを借り、南東のキツネの村へ。

キツネの村

トーマスがわめき散らしてキツネの神通力を解除し、キツネからはがねのよろいがもらえます。トルネコは装備できないので、ボンモールにて高く買い取ってもらいましょう。また、建築家のドン ガアデが目を覚ましたことで、このあとボンモール王に話しかけると南の橋が修復されます。
トーマスはこのまま連れて歩くこともできますが、一応エンドールのスコットを仲間にできないというデメリットがあったりするので、ちゃんとトムじいさんの息子に返してあげましょう。

エンドール

お休み中のカジノにライアンがいたりします。
エンドール王に出店許可をもらおうとしても適当にはぐらかされてしまいますが、モニカ王女の前で「おうじのてがみ」を使うと「おうのてがみ」を渡され、それをボンモールへ行き王の前で使用し、再びエンドール王に話しかけると出店の許可がもらえます。

次は教会の下にある空き店舗を買い取る35000Gを用意するため、北東の「めがみぞうのどうくつ」にある「ぎんのめがみぞう」を取りに行きます。もちろん、お金さえ用意できるのなら必須ではなく、「てつのきんこ」と同様に五章で取ることもできますが、売却できるのは三章のみとなります。必要に応じてスコットロレンスを雇うのもいいでしょう。

めがみぞうのどうくつ

宝箱
キメラのつばさ (B3)
モーニングスター (B2)
760 ゴールド (B2)
てつのやり (B2)
からっぽ (B3)
からっぽ (B3)
はがねのつるぎ (B3)
てつのよろい (B3)
ぎんのめがみぞう (B4)

B2にあるスイッチを押して水の構造を変えないと、大半の宝箱が取得できません。大半は売却目的の装備品なので、無駄を嫌うのなら一旦は売りに戻ることになるでしょう。

エンドール

「ぎんのめがみぞう」は右上の家の2Fの老人に25000Gで買い取ってもらえます。
教会の下の空き店舗を買い取ったら、次は東への洞窟の開通工事を再開させる60000Gを用意します。自分のお店で稼ぐのもいいし、エンドール王からの発注を受けてはがねのつるぎとてつのよろいを7つずつ用意するのもいいでしょう。また、道具欄をはじゃのつるぎで埋めて三章を終えるため、28000Gを余分に稼いでおくことをおすすめします。

洞窟にて60000Gを払って工事を再開させたら、洞窟に入りなおして老人と話す ⇒ カジノに一度入る ⇒ ネネに話す、とすることで洞窟が開通し、洞窟を抜ければ三章の終了です。前述の通り、道具欄をはじゃのつるぎで埋めておくと五章序盤の資金源となります。

武器屋トルネコ・完
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^