ドラゴンクエスト3 そして伝説へ… ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

もう説明不要ですね(手抜き)。

基本事項

  • アイテムは一人8個まで
  • アイテムを売れるのは道具屋だけ
  • 道具屋は装備できなくても教えてくれない
  • 商人の「みる」はアイテムの種類・売値・呪いの有無を鑑定する
  • 味方を攻撃したり、敵に回復を行ったりすることもできる
  • 戦闘中に道具使用で効果のある装備品は、誰でも使える物と装備可能者しか使えない物がある
  • 「まひ」は戦闘終了後なら歩いていれば治るが、戦闘中は自然治癒しない。全員「まひ」は全滅扱い
  • 本作から昼夜の概念が登場した
  • 本作から呪文の系統が整備された
  • 本作からメタルスタイムの経験値が約1000、はぐれメタルの経験値が約10000になった
  • 本作から最高レベルが99になった
  • 本作から呪いの効果が装備ごと個別になった

転職について

本作の特徴のひとつがこの「転職」です。

  • ダーマにてレベル20以上で転職可能
  • レベルが1に戻り、すべてのステータスが半分になる
  • 習得した魔法はそのまま引き継がれる
  • ただし非魔法職では魔法を覚えていてもMPは増えない
  • 賢者に転職するには「さとりのしょ」が必要だが、遊び人ならなくても可能
  • 「さとりのしょ」はガルナの塔に1つと、あとはアカイライが超低確率で落とす
  • 当然勇者は転職不可 (怒られる)

転職の特徴はこんなところ。
有効利用はやはり魔法の使える戦士や武闘家を作れることでしょう。ダーマ到着付近であれば僧侶や魔法使いを賢者にグレードアップさせるのもいいかと思います。とはいえ、不使用でもクリアは十分に可能です。

イメージソング

前作ほど有名ではありませんが、本作にもイメージソングというか、BGMに歌詞を付けたものが存在します。歌っているのは鴻上尚史さん。両曲とも独特の哀愁が漂います。

■ 鴻上尚史 - 冒険の旅
http://www.youtube.com/watch?v=bZteSIyvC7o

■ 鴻上尚史 - そして伝説へ…
http://www.youtube.com/watch?v=xUfV4-EwqUc

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^