ダブルムーン伝説 ‐ 登場人物 (その他)

スポンサーリンク

ロウィーナの父

アレス村の司祭で主人公の育ての親。
冒頭で唐突に主人公に重い話を突きつけ、打倒サモイレンコの旅を強いてきます。

フォスター

ニーグル村の司祭様。
雪の女王に直談判しに行ったロウィーナを心配していて、主人公に様子見を強いてきます。

雪の女王

ダーク・サラマンダーに娘たちをさらわれ、ニーグル村を氷漬けにしようとします。

雪の女王の娘たち

3人います。別々に同じこと言わんでもいいと思います。

サルコン王

リオナの父。
娘に対する甘さが窺えます。

リーザ

自由都市ガルガンダの賢者様。
盗まれていた「クリスタル」を取り戻すと、サモイレンコとの仲を占ってくれます。

サリー・メール

なんだか意味ありげな名前をしているサイル村の巫女様。
スフィンクスを仲間にしたあとで「コバルト」を持っていくと、真の勇者だけに与えられる剣「コバルトソード」に換えてくれます。

ランディ

砂漠の街シグマに住む少年。
街に入るなり一行に「パパの仇を取ってよ」を穏やかでないことを言ってきます。

ロルド

砂漠の街ファラオの警備隊長。
地下神殿では一行に対し懐疑的な眼差しをぶつけてきますが、フィリアの撃破後だと手のひらを返します。

リリアル

ファラオの王宮にいる旅の戦士。
特にストーリーに絡んではきませんが、ロウィーナの決め台詞に突如登場したりします。本家のキャラだったりするのでしょうか。

ベルモン・ファラオ

ファラオの王宮にいる王族のひとり?
ダガードという魔術師を探している模様です。誰?

ファラオ三世

砂漠の街ファラオの王様。

ギャブレット

ランカスターの大商人。
サマルトリアの王子を凌駕する頼むからじっとしていてほしい人。エンディングではなぜか仲間に混じってその後のエピソードが表示されま。本家のキャラなのかもしれません。

ソロモン

ルシフェロンの首領。
ルーン・テクターのひとつ「ツイーラ」を持ちます。戦闘時の格好はかめはめ波でも撃ってきそう。二度の戦う機会があり、二度目はそこそこ厄介です。

ランカスター王

シルヴィアの父。
主人公の話す五凶星の計画に触発され、その場の勢いで「チェイサーズ」という変な組織を結成してしまいます。

ライ

クレメイアの塔にいる神霊術師。
シルヴィアの幼馴染とのこと。ルーン・テクターを預かっていることから、かなりの信頼を得ていると推測できます。
エンディングを見るに、恐らく本家のキャラでしょうか。

クレメイア

イターニテに塔を構える予言者。
シルヴィアの魔法の先生でもある模様。気難しい御老人かと思っていたら気さくな女性でした。

パラサイト

ルシフェロンの一員。
「ソロモンの眼」を自称する上層部と思われます。ミュラーを追い詰めるあたりそこそこの実力者ではあるのでしょうが、戦ってみると弱いです。

ロミナ

サルコンの王女でリオナの妹。
サルコンで「アルテミス号」という豪華船を乗り回しているという話を聞けますが、後半では意外にストーリーに絡んできます。なぜか主人公に唇を奪われるハメに。

ジェル

ルシフェロンの一員。
ムチを持った女性で、恐らく彼女も上層部なのでしょうが、やはり弱いです。

ウェスト・ウォーター爵

プラトーを治める公爵。
弟のミュルガーが大好きで、エルサムから帰らない彼を心底心配しています。

ミュルガー

ウェスト公の弟。
エルサムでデスバジリスクに捕まっていた風。

リン

アラミスの王女。
街が「バラコン様!バラコン様!」という狂気に包まれる中、ひとり正気を保っていたため幽閉されます。

アラミス女王

魔女リリスに洗脳され、「バラコンを信じない者は死刑」とか言っちゃいます。

ミリア

カナーンの魔術師。
「かいほうのつえ」を授けてくれます。

ベムラー

ベムラーゼ首長国の首長。
いかにもな暴君で小物。

ミランダ

ロウィーナの決め台詞の中だけに登場する謎の人。
「せんしゅうてい」というところで美味しいお茶を淹れてくれるらしいです。

ブラック・ナイト

ルシフェロンの本部で突然登場し、上から目線のアドバイスをくれる謎(バレバレ)の人。
マルチエンディングにかかわってきます。

サーシャ

主人公の双子の妹。
非常に霊感が強いせいでサモイレンコにさらわれます。15年ぶりに再会した主人公をすぐに兄と見抜く強者。

ファティマ

ルーン・テクターを創りし神。
最後の最後で「ダブルムーンの へいわの ためだ!」ととんでもない名言を発します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^