基本事項 ‐ ダブルムーン伝説

スポンサーリンク

作品概要

1992年にメサイヤより発売されたRPG作品。
自分はほとんど知らないのですが、元々は「マル勝ファミコン」にて連載されていた「読者参加型ゲーム」というものらしく、感覚的には漫画やアニメのゲーム化に近いのかもしれません。仲間うちで顔グラがあるキャラとないキャラが存在するのは、この原作に登場したキャラクターかどうか…ということなのだと思います。

本作の注意点

まず、桃太郎伝説と同じ「主人公がやられた時点でゲームオーバー」なのと、ゲームオーバーは「セーブデータからやり直す」FF形式であり、つまり「主人公の死亡=全滅=セーブデータからやり直し」となります。
これだけならまだいいのですが、本作の「石化」という状態異常は、これはほかの仲間であれば戦闘が終わった時点で勝手に回復するのに対し、主人公の場合は即死亡扱いになってしまいます。要するに「主人公の石化=主人公の死亡=全滅=セーブデータからやり直し」となります。

そして中盤以降、この石化や即死の攻撃をしてくる敵が結構いるというのが本作の辛い注意点…。正直、これといった対策もないので、小まめなセーブを心がけてください。

特殊行動

戦闘中、コマンドに応じて発生する各キャラの特殊行動の一覧です。

正確には各キャラというよりも各職業のようなので、主人公は選んだ職業によってセフィス、ミュラー、ラバルトのいずれかと同じになると思われます。

発生頻度はそれなりのため、これを考慮するなら主人公の職業は聖戦士が最終的に一番有利なのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^