大貝獣物語 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「大貝獣物語」は貝獣物語の続編として、1994年12月22日にハドソンから発売されました。
多くのシリーズがそうであるように、ハードがスーパーファミコンに移ったことで飛躍的な進化を遂げ、評価の高い作品の多いシリーズ2作目という例にも漏れず、すべてがパワーアップした大作となっております。

が、同時に中盤の某シーンが非常にエグイことでも有名です。
もしかしたら心に傷を負うかもしれませんので、これからプレイする場合は一応の心構えというか、予防線を張っておく必要はあるかもしれません。

基本事項

  • Bボタンでダッシュ
  • レベルアップで全回復
  • ツボや木箱にもアイテムが見つかる場合がある
  • ダンジョンにある貝のパネルはセーブポイント
  • 経験値はパーティ人数で等分
  • 運が高いと「ラッキー」の表示と共に会心の一撃や連続攻撃が発生しやすい
  • 戦闘不能は戦闘終了後にHP1で復活する
  • 道具の種類の最大所持数は256種類。すべての道具を同時に持つことはできない
  • 所持金の最高はたったの99999パール。本作にこそパールコインが欲しい
  • 呪いにかかると戦闘開始時に何らかの状態異常が発生する
  • 混乱の治療方法は味方で攻撃すること
  • 途中参加であるポヨン・キラー・クピクピの初期経験値は主人公の半分の値

すけっと

本作にはA~Cの3種類の「すけっと」が存在します。

Aすけっと
一緒に戦う仲間キャラクターのこと。総勢12名。序盤のサンドサイドで一気に9名が加わり、残りの3名は途中で加わります。いつでも勇者の館で入れ替えが可能です。
Bすけっと
コマンドで呼び出すタイプの仲間のこと。総勢12名。岩を退けたりロープを投げたりのアクションのほか、エンカウント調整などの便利系や、ほとんど役に立たないものまで様々なタイプがいます。
Cすけっと
その場所を訪れることで手助けをしてくれる方々。総勢4名。

回復魔法の仕様

  • ホスピ
  • ホスピル
  • ホスラム
  • ホスパー
  • ホスピータ
  • アゲイン
  • オルゲイン

本作の回復魔法のうち、上に挙げた7種類は「必ずターンの最初に発動&防御状態」という親切仕様となっています。同じ回復でも天候魔法の「サンシャワー」や召喚魔法の「ビーナス」にこの効果はありません。

属性相性

◎=無効、○=耐性あり、×=弱点

本作には「火・水・雷・風・地・菌・光」の7つの属性があり、キャラごと上記の相性が設定されています。
同様に「状態異常」と「即死」等の耐性も記載。正確にはもう少し細かく分かれているようですが、ざっくりと捉えていただければ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^