キャプテン翼VS ‐ 全国少年サッカー大会

スポンサーリンク

基本戦術

南葛市の連合軍「南葛SC」で全国少年サッカー大会に挑みます。
メンバーはほぼ原作通りも、やはり西尾だけが存在せず、代わりに石崎がスタメンとなっています。西尾のこの不遇は一体何があったのか…。また、これは以降ずっとの注意点となりますが、スタメンのGKが常に森崎になっているので、若林が使用可能な試合は交代を忘れないように。

1回戦 なにわFC

中西(GK)がちょっと堅いかな程度のチーム。
こちらもまだ若林が出場可能なためディフェンス面は心配ありません。ツインシュート等を押し込みましょう。

2回戦 はなわSS

ここから決勝まで若林が使用不可になります。腹を括りましょう。
本作の政夫(9)和夫(11)の使用技はトライアングルシュートダブルシュートジェミニアタックの3つのみ。しかし高低どちらの浮き球でも必殺シュートを持ち、ジェミニアタックとの相性は抜群です。また中学時代から登場する大丸(5)がすでにいて、地味にパワータックルを使ってきます。中央突破の際は特に注意を。

3回戦 ふらのFC

原作にはなかったふらのFC戦。
注意すべきはもちろん松山(10)で、まだ習得していないはずのイーグルショットを普通に撃ってきます。さらに小田(9)ともどもダイビングヘッドスライディングタックルを使ってくるため、対峙は避けたいところです。
また、松山はなだれこうげきを発令することがありますが、効果のほどはいまいち不明。速度が上がるわけでもなし…。

しかし、こちらはこの試合から翼くんが唐突にドライブシュート(とトライアードオーバーヘッド)を習得しており、ロングレンジでも得点が狙えます。あとは岬くんのジャンピングボレー等で押し切れると思います。

準決勝 むさしFC

原作通り、本作初の雨天試合となります。コマンドの選択時に滑ってこぼれ球になることがあるので注意を。
注目の三杉くん(10)はいつものハイパーオーバーヘッドに、ドリブルはかれいなドリブルヒールリフトを使い分けるテクニシャン。さらにファストブレイクオフサイドトラップという特殊技を持ちますが、前者はなだれこうげきと同じく効果不明、後者は食らうほうが難しいレベルの代物のため、特に気にする必要はありません。
ほか、原作のFW三人衆のうち一ノ瀬(9)真田(7)がいて、一ノ瀬のほうはダイビングヘッドも使用してきます。本間はどこへ行ったのでしょうか。

こちらの攻めは前試合同様ドライブシュート中心でいいのですが、雨天ゆえの滑りが発生することに注意。滑った場合は消費ガッツがまるまる無駄になります。万全を期するなら浮き球を。
また、後半残り10分ぐらいになると、三杉くんの「ボクの心臓まだ動いている」イベントが発生します。三杉くんがボールを持っていた場合のみこぼれ球になるくらいなので特に気にしなくていいと思います。

決勝戦 めいわFC

決勝の明和戦。まずは若林が復帰するので忘れずに交代を。
当然要注意の日向(9)は、ボール運びはごういんなドリブル沢田(10)とのめいわコンビ、シュートは習得しているはずのないタイガーショットに、ダイビングヘッドオーバーヘッドシュートで高低どちらの浮き球にも対応します。そのうえディフェンスではタイガータックルを繰り出すという、攻守に渡ってもうどうしようもない危険人物となっています。
ほか、もちろん沢田もめいわコンビを使ってき、また沢木(11)しゅうだんタックル地味に侮れません。

そして若島津(GK)さんかくとびしゅとうパンチングうしろまわしげりという3つの必殺セービングを持つ充実ぶり。そのうえ1本目のキーパー到達シュートを必ずキャッチする特性を持つため、まずは適当なシュートを撃ち込む必要があります。以降はドライブシュートやツインシュート、またはヒールリフトで。

撃破後、小学時代の全日本というパラレルワールドへ突入。
ロベルトはいつの間にかブラジルへ帰ったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^