キャプテン翼3 皇帝の挑戦 ‐ 必殺技 (その他)

スポンサーリンク
ドリブル

きえるフェイント

ガッツ30
使用者 ネイ (ブラジル)

ネイの必殺ドリブル。フェイント?
今作では空中に浮いた後に消えるという、ますます怪しい演出になりました。ミーティングでは「ネイは消えるから注意しろ」とか言われているのでしょうか。こんなフェイントを使うほうも大概ですが、タックル等でボールを奪うほうも相当です。

ごういんなドリブル

ガッツ30
使用者 日向 (メキシコシティ、全日本)
次藤 (全日本)
リブタ (オランダ)
シャ (韓国)
ロブソン (イングランド)
ガルバン (アルゼンチン)
ナポレオン (シャンゼリゼ、フランス)
ザガロ (ブラジル)

恐らくキャプ翼的に一番有名な必殺ドリブル。
なんとなく性能が上がったようで、今作ではヒールリフトと同様に、キーパーとのタイマン時にも割と有効な選択肢のひとつになったと思います。日向がゲルティスくん相手に「かわした」ときはこっちが焦りました。

こうそくドリブル

ガッツ30
使用者 イスラス (オランダ)

イスラスの必殺ドリブル。
今作の演出ではただの緩急をつけたドリブルといった風で、名称と内容が一致していないのが不満点。前作の効果音のような「高速感」が欲しいです。

パッションスタンピード

ガッツ30
使用者 ダ・シルバ (グレミオ、ウルグアイ)

ダ・シルバの必殺ドリブル。
ぐわんぐわんと煌きながら突き進んでくるなかなか素敵な演出です。しかしパッション(passion)は「情熱」、スタンピード(stampede)は「大挙して逃げ出したり押し寄せたりする群衆などの突発的な行動」ということで、特性的には吹き飛ばし系のほうが似合っていたんじゃないかと思います。

ハリネズミドリブル

ガッツ30
使用者 カルツ (マンチェスター、ドイツ)

カルツ流のごういんなドリブル。
今作からすべてカタカナに。演出としては後方に衝撃のような黄色い何かが回転して、よくわかりませんが危険そうではあります。ドイツを撃破できるかは、このドリブルを止められるかにかかっています。

ヒールリフト

ガッツ40
使用者 (サンパウロFC、全日本)

本作から対峙時の選択が個人単位になったことで消費ガッツが抑えられ、対キーパーではますます費用対効果の高い技になりました。あの「ボスッ」というキック音が炸裂する瞬間はもはや快感ですらあります。

ぶんしんドリブル

ガッツ30
使用者 カルロス (フラメンゴ、ブラジル)

カルロスの必殺ドリブル。
前作よりも分身の数が増え、より精度を高めた印象です。フラメンゴ戦では特に脅威。

「ぬくっ!」

ローズダンサー

ガッツ30
使用者 ミハエル (アメリカ)

ミハエルの必殺ドリブル。
薔薇をバックにぴょんぴょんと、文字通り踊るように抜いてきます。必殺ドリブルの中でも上位の性能で、オールスターではキーパー相手にも有効です。

「おどきなさい!」

パス

カミソリパス

ガッツ40
使用者 早田 (全日本)

早田の使う恥ずかしいネーミングのパス。
気軽に使える必殺パスとして今作でも変わらず重宝します。特に時間稼ぎの際は有効。

トップスピンパス

ガッツ40
使用者 メッツァ (ドイツ)

メッツァの使うトップスピンのかかったパス。
今作ではドイツが大幅強化されたことで、当然ながらカットなど望める代物ではなくなりました。もはや職人芸です。

ドライブパス

ガッツ40
使用者 (サンパウロFC、全日本)

翼くんの使うドライブ回転のかかったパス。
翼くんのガッツが少しでも惜しい今作において使う機会は少なめです。ほかのドライブシューター、特にディアスなんかは使えてもよさそうなものですが、そこは技量の差ということなのでしょうか。

ワンツー

ゴールデンコンビ

ガッツ120
使用者 (全日本)

翼&岬の通称であるとともに、連続ワンツーの最高峰。
本作では何があったかアルゼンチンが使ってこなくなりました。恐らくパスカルがディアスについていけなくなったのでしょう。何気に悲しい瞬間です。

ジェミニアタック

ガッツ80
使用者 政夫和夫 (全日本)

立花兄弟による連続ワンツー。
遠征試合ならまだしも、中盤以降はスカイラブツインが通用しなくなるあたりで御役御免といったところ。中国のリ兄弟には実装されなかったかー。

シュペルエッフェル

ガッツ100
使用者 ピエールナポレオン (フランス)

フランスコンビによる連続ワンツー。
遠征試合に現れなかった2人が何をしていたのかと思えば、こんな技をがんばって開発していた模様です。どうやら以前よりも速いとのことらしいのですが、ゲーム的に「エッフェルこうげき」と何が違うのか判然としないのと、何よりスライダーキャノンに繋がらなくなったことで、印象は格段に薄くなりました。良化点は名称がカッコよくなった程度。なのに次作では「エッフェルワインダー」と再び残念な名前になります。

とうほうコンビ

ガッツ80
使用者 日向沢田 (全日本)

日向&タケシという、よく成り立っているなと思わせる連続ワンツー。
普通の試合ではなかなか使う機会はないかと思われますが、イタリア戦の後半だけはこの技からのライトニングタイガーといきたいものです。

タックル

イーグルタックル

ガッツ200
使用者 松山 (ヨークシャー、全日本)

松山が真っ白になりながら突撃する強烈なタックル。
純粋な性能ではタイガータックルに譲りそうなものの、使い勝手を考慮するなら全日本最強のタックルであり、岬くんのムーンサルトパスカットと並んで終盤のボールカットの要となります。

「ぬかせるか!!」

カミソリタックル

ガッツ200
使用者 早田 (全日本)

早田の使う恥ずかしいネーミングのタックル。
切っ先でカマイタチを発生させているような恐ろしい演出です。他の必殺タックルに比べてやや精度は劣るも、やはり気軽に使えるのが強みでしょう。

スカイラブタックル

ガッツ200
使用者 政夫和夫 (全日本)

立花兄弟の必殺タックル。
残像を伴う勢いのある演出で、信頼度もそこそこ。特にスカイラブツインの通用しなくなる終盤は積極的に使っていきましょう。

タイガータックル

ガッツ180
使用者 日向 (メキシコシティ、全日本)

砂塵を巻き上げながら突撃する日向の強烈なタックル。
最高級のタックルながら、やはり日向が終始貴重な得点源だけにおいそれとは使用できません。リードしている試合の終盤でライトニングタイガーを撃つだけのガッツがないようなら。

ツインタックル

ガッツ-
使用者 (ウイングス)

オールスターかつ敵限定の隠し必殺タックル。
正確には「1P対COMで翼と日向がウイングスにいる場合」の翼くんが使用してきます。まず日向がタイガータックルで襲ってきて、バランスくずしながらかわしたところに今度は翼くんのタックルが飛んでくる二段構成。恐らく100%吹っ飛ばされてボールを取られます。こんなことできるなら本編でも使わせてください。
キャプテンズのときでもミーティングの必殺技一覧に表示されていることがあったような?

パワータックル

ガッツ200
使用者 次藤 (全日本)
リブタ (オランダ)
ロブソン (イングランド)
ガルバン (アルゼンチン)
ディウセウ (ブラジル)

パワーディフェンサーたちの基本タックル。
当然ながらディフェンス専門の人がほとんどなので、とりあえず使っておけという感覚で連発できます。

パスカット

スカイラブパスカット

ガッツ100
使用者 政夫和夫 (全日本)

他の必殺パスカットの登場により、消費ガッツが前作の180から大幅低下。同時に存在感も低下しました。他の必殺パスカットが優秀すぎるのです。

スパイラルパスカット

ガッツ-
使用者 シェスター (ドイツ)

シェスターの使う、暫定本作最強のカット技。
本体を軸に分身が弧を描くという正直気持ちの悪いエフェクトながら、シェスターのパスカット能力も相まってその吸引力や凄まじく、パスやドリブルはもちろん、ネオサイクロンやライトニングタイガーまでもをカットされて悲鳴を上げたプレイヤーも少なくないと思われます。
そんな性能を誇るゆえ、オールスターで使用できないのは本当に謎で残念です。

ムーンサルトパスカット

ガッツ100
使用者 (シャンゼリゼ、全日本)

岬くんの使うアクロバティックパスカット。
岬くんの立ち位置からも非常に使い勝手が良く、パスのみならずドリブルやシュートに対してもかなりの精度でカットしてくれます。終盤はイーグルタックルと並ぶボールカットの要。
原作では小学生時代の読売ランド大会の難波FC戦で、中西のロングパスに対して近いことをやっていますね。

「とるっ!」

ブロック

がんめんブロック

ガッツ400
使用者 石崎 (全日本)

石崎の定番ブロック
今作では特例として浮き球時にも使用可能になり、使い勝手が劇的に向上しています。また、台詞が前作の「ぐっ!!」から「ぐわァァァ!」とより痛そうになりました。もはや断末魔です。

スカイラブブロック

ガッツ180
使用者 政夫和夫 (全日本)

立花兄弟の必殺ブロック。
ディフェンスとして起用しない限りほぼ使うことはないでしょう。変化系のシュートには強そうですが、威力系のシュートには真正面からスカイラブしない限りボールと一緒に吹っ飛ばされそうです。

パワーブロック

ガッツ180
使用者 次藤 (全日本)
リブタ (オランダ)
ロブソン (イングランド)
ガルバン (アルゼンチン)
ディウセウ (ブラジル)

パワーディフェンサーたちの基本ブロック。
ほぼ役に立たなかった前作に比べ、なかなかのボール吸引力を発揮するようになりました。タックル同様、とりあえずどちらかを使っておきましょう。

「ぬうっ!」

セービング

おうごんのみぎうで

ガッツ200
使用者 ヘルナンデス (イタリア)

ヘルナンデスの使う、必殺技というか何というか。
本編のほうではイベント性が強く、恐らく「サイクロンは止めるけどライトニングタイガーは止められない」という特性があるかと思われます。それではオールスターではどうなのだと使ってみたら…これがあまり役に立たなかったり。キャッチした後もボールがくるくると回ります。

さんかくとび

ガッツ200
使用者 若島津 (メキシコシティ、全日本)

若島津の使う空手セービング。
今作では若島津の強化に伴い、かなりの信頼度を誇るようになりました。特に全員が同レベルのオールスター戦ではすばらしい鉄壁ぶりを発揮します。また何回でも使えるという特性(バグ)も持ちますが、あまりメリットはありません。

シャドーシールド

ガッツ-
使用者 ラムカーネ (ベルギー)

ラムカーネくんの使う必殺セービング。
闇の中をまさぐるような演出です。ラムカーネ自体が特殊な能力のため、正直この技の正確な性能も計りかねます。

ダークイリュージョン

ガッツ200
使用者 ゲルティス (ブラジル)

ゲルティスくんの使うイリュージョンセービング。
ブラジル自体の格落ちで前作ほどのインパクトを持たないとはいえ、演出的にはより「イリュージョン」っぽくなったのが好印象。

らいざんきゃく

ガッツ-
使用者 ルー (中国)

ルーくんの使う圧巻の蹴り返し。
常時パンチングのようなものだから攻めやすいと思っていたら、まともに蹴り返せた場合は味方へのパスになるようで、カウンターの足がかりとしてもかなりの性能だと思います。
自分も最初は「手使えよ」「キーパーの意味ないでしょ」等いろいろツッコんでいましたが、若島津が非常に似た技を持っていたので何も言えなくなりました。

その他

あびせげり

ガッツ200
使用者 若島津 (メキシコシティ、全日本)

若島津が使うもうひとつの空手セービング。
「自軍ゴール前の浮き球時」という、ともすれば見逃してしまいそうな条件下の必殺技です。それだけに成功率は素晴らしく高い、というか必ずこぼれダマにできるのかもしれません。浮き球の強力な必殺技を持つ相手には絶大な効果を発揮します。
原作ではアルゼンチン戦の後半で、ディアス相手に縦回転のニールキックをしているあたりが一番近いでしょうか。

皇帝の怒り

ガッツ-
使用者 シュナイダー (ドイツ)

リードされると発動するシュナイダーの能力値アップ。
これが発動するせいで、「開始直後にネオサイクロンを撃って決まらなければリセット」という下策がやや使いにくくなります。どうせネオファイヤーは止められないので同じといえば同じなのですが。

しゅとうディフェンス

ガッツ
使用者 若島津 (メキシコシティ、全日本)

若島津が稀に発動する隠し的演出。「こいっ!」のクリティカルセーブ発生時、それでも届かない場合に一定確率で発動するようです。
パンチングでは届かない!と判断した刹那、手を手刀の形にすることでリーチを延ばし、こぼれダマにします。瞬時にこんな判断をする若島津も相当ですが、これを詳細に解説する実況も神業です。
原作でも何度か使用していて、中でも中学時代の決勝で来生と滝のコンビプレイの前に発動させたのが一番近い感じ。

天才の証明

ガッツ-
使用者 ディアス (アルゼンチン)

「よし! いくぞ!」の掛け声と共に発動するスーパードリブル。
今作ははっきりとドリブル能力の上昇が確認できます。イーグルタックルならどうにかこぼれダマにできるレベル。

なだれこうげき

ガッツ120
使用者 松山 (ヨークシャー、全日本)

松山のみが発令できるチームコマンド。
雪崩の猛威を知る者(一年中土の上でサッカーができる者でない者)でない者が便乗できてしまうのは違和感がありますが、全員が倍速ドリブルになるのはささやかな魅力です。チームコマンドの存在自体を気付かない人が多そうなので、さりげない説明を入れたイベントでもあったほうがよかったのでは。ちなみにヨークシャーでも発令できます。

「みんなあがれ! なだれこうげきだ!」

倍速ドリブル

ガッツ-
使用者 イスラス (オランダ)
ビクトリーノ (ウルグアイ)
コインブラ (ブラジル)

あの速いドリブルのこと。正確な名称は不明です。
今作では先駆者のマッハーくんがいなくなり、代わりにビクトリーノくんが加わりました。他、なだれこうげきやファストブレイクの使用時もこのくらいの速度になるため、実質初めてプレイヤー側がこの快適さを味わえるように。

ファストブレイク

ガッツ120
使用者 三杉 (全日本)

三杉くんのみが発令できるチームコマンド。
単なる「速攻」のことですが、効果としては「なだれこうげき」と同じ全員の倍速ドリブル化です。三杉くんの特殊カットインが拝める唯一の技でもあります。
原作では武蔵中での東邦戦にて作戦段階で登場し、アルゼンチン戦ではパスカルからボールを奪ったあとに実際に発令しています。

「みんないくぞ! ファストブレイクだ!」

ボクのソックス

ガッツ-
使用者 ミハエル (アメリカ)

ミハエルの激怒イベント。
本戦のアメリカ戦の後半にて、ミハエルにタックルを仕掛けると一定確率で発動します。激怒後は能力値、特にディフェンス系のものが激増し、対峙したらカットされるぐらいの凶悪さに。後半しばらくはそっとしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^