キャプテン翼2 スーパーストライカー ‐ 高校選手権

スポンサーリンク

基本戦術

翼くんが抜けたものの岬くんが入り、大友中の面々も再合流するという、原作で考えたらかなり強力になった南葛。
しかしそこはゲームなので皆弱体化。基本的にはサンパウロからチーム名と選手名を変えただけのような感じですが、一番の違いは新田の存在でしょう。彼のはやぶさボレーシュートは現南葛において岬くんのジャンピングボレーシュートと並ぶ貴重な得点元で、特に東邦の若島津相手にはこの2つの技以外の得点は難しく、実質現南葛のエースと言えます。
他は修哲トリオ高杉石崎がちょい高め。石崎は顔面ブロックが映えるので大一番では是非。
あとはキーパーの森崎くんですが…絶望的に弱いです。先述したようにレナートくんから毛が抜け落ちたようなもので、レナートくんですら優秀だと勘違いしてしまうほど。一条どこいった。あと西尾も。
また、監督はどういうわけか作者の高橋陽一大先生の模様。

1回戦 くにみがくいん

なんだかんだで次藤くん(4)が中心です。パワータックルパワーブロックはもちろんのこと、DFのくせにごういんなドリブルでオーバーラップしてきて、結構さのとのコンビプレイを撃ってきます。
佐野くん(9)は前線に張り付いて、意外にオーバーヘッドキックを使ってきたりするので地味に注意。
なんといってもこちらはキーパーが森崎くんなので、撃たれたら終わりぐらいの覚悟で挑みましょう。

2回戦 あきたしょうこう

立花兄弟の政夫(9)和夫(11)がやりたい放題やってきます。
ジェミニアタックで切れ込んできて、低い浮き球はツインシュート、高い浮き球はスカイラブハリケーンを撃ちまくり、守りではガッツが無限なのをいいことにスカイラブそれぞれのディフェンスを連発してきます。今飛んでったばっかなのにまた飛んできたりします。もうふざけんなと。
2回戦目にしてかなりの強敵です。鉄則は立花兄弟と対峙しないこと。素早いパス回しで。

3回戦 たつなみ

原作の終盤にあった通り、早田(4)中西(GK)が組んだ守りの厚いチームです。
実際は早田のカミソリタックルカミソリシュート、あと一応カミソリパスに注意するぐらいで、中西もそんなに堅くはありません。立花兄弟を撃破した後なら、割かし楽に感じることと思います。

4回戦 むさしいだいふぞく

陽一先生が仰るように三杉くん(10)の出てこない前半戦が勝負です。少なくとも3点以上の点差は欲しいところ。
三杉くん一人加わったところで大丈夫だべ?と思うかもしれませんが、これまた先生が仰るように恐らく他の選手の能力値も上がっています。三杉くんのキャプテンシー恐るべし。必殺技は高い浮き球からのハイパーオーバーヘッドのみですが、能力値が翼くん並みなので普通のシュートでもなんでも脅威となり得ます。

5回戦 ふらの

要注意はやはり松山(10)イーグルショット。遠めからでも結構撃ってきます。森崎くんではまず無理でしょう。なだれこうげきは敵全員がマッハーくん並みのスピードになる警報ですが、だからってそんなに脅威ではないかも。
東邦が強いので、ふらのとは何回か戦うことを覚悟しておきましょう。

決勝戦 とうほう

日向(9)がもうやりたい放題です。タイガータックルでボールを奪い、そのままごういんなドリブルとうほうコンビで切れ込み、シュートは贅沢にタイガーショットネオタイガーショットを撃ち分けてきやがります。森崎くんの前ではどちらも同義。
また沢田(タケシ)(6)とうほうコンビを使ってき、反町くん(10)も若干能力値が高め。森崎の前では十分脅威です。
キーパー若島津(GK)から得点できるのは、基本的に岬と新田の2人み。少しでも確率を上げるためスルーは必須です。さんかくとびが発動しないことを祈って。

試合後、サンパウロの優勝シーンの続きがやっと見れます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^