キャプテン翼 ‐ 旅立ちの章

スポンサーリンク

基本戦術

基本的に翼くんを中心に攻めれば問題ありません。「ドライブシュート」の習得後はちょっとガッツを気にする程度で。
ほか、攻撃陣では修哲トリオが、守備陣では石崎高杉が若干能力が高い程度。残りはどっこいどっこいといったところで、特にGKの森崎くんには何も期待してはいけません。

第1試合 にしきがおか

名前持ち
なし

初戦相手のお決まりで名前のある選手は不在です。
が、森崎くんが予想以上にヘボいお陰で気を抜くと割と簡単に負けれます。油断は禁物。

原作では、南葛がニ回戦で当たった神奈川の代表。
試合前は「南葛とあたるのを楽しみにしてきたんだ!!」と強気で望むも、結局は修哲トリオやリハビリ感覚の翼にポコポコとゴールを決められ、「俺たちの相手じゃない…」と弱気で敗退しました。

第2試合 みなみうわ

名前持ち
いしだ(MF)
たけい(FW)

MFの石田くんとFWの武井くんが名前持ち。
石田くんは石崎型の風貌ながら、松山がドリブルで抜き去ったらチームメイトが驚愕するほどのテクニシャン。武井くんもふらのの守護神加藤くんから点を獲れるほどのFWです。両者とも大会優秀選手に選ばれるほどの実力なので、2戦目といえども気を引き締めて。

原作では南葛と当たっておらず、準々決勝でふらのの対戦相手として登場。
前述の2名の活躍で先取点を獲るなどほど良くふらのを苦しめるも、結局はふらののチームワークとその強さを再確認させるような展開となり、格好のかませ犬として役割を見事に果たし切りました。松山の「こんなやつらにふらのが負けてたまるか!!」はかなりの名言。

第3試合 あずまいっちゅう

名前持ち
そうだ(DF)

カミソリファイターの早田に要注意。
…と言いたいところですが、ポジションがDFということもあって「カミソリシュート」は思ったほど飛んできません。また、普通に進んでいればこの試合から翼くんがドライブシュートを習得している(レベル3)はずなので、遠慮なくそれを撃ちまくっていれば割と簡単に勝ててしまいます。
ちなみに早田はハーフタイムに「俺のカミソリは二枚刃よ」と言うことがありますが、本作では一枚刃止まりです。

原作では南葛の初戦相手として登場。あの中西を倒して大阪代表になりました。
GKの辻くんはゲームにこそ出てきませんが、ノーマークの井沢くんのシュートをキャッチで防ぐ豪傑。また、激レアな高杉くんの得点シーンが拝める試合でもありました。

第4試合 はなわ

名前持ち
まさお(FW)
かずお(FW)

当然ながら、立花兄弟政夫和夫に要注意。
浮き球が高かろうが低かろうが撃ってくる「スカイラブハリケーン」は森崎くんには少々荷が重い代物ですが、実際は「ジェミニアタック」から普通のシュートというパターンが多く、それなら森崎くんでもなんとかなります。「ツインシュート」の使用は今のところ未確認。
結局翼くんにボールを集めていれば普通に勝てると思います。

原作では南葛の三回戦相手。あのスカイラブハリケーンの初披露シーンに全国が度肝を抜かれたことでしょう。
ほど良く南葛を苦しめるも、結局立花兄弟の脚が限界に達したことにより敗退。個人的には石崎くんと森崎くんそれぞれの見せ場が存在するこの一戦はお気に入りです。

第5試合 めいわひがし

名前持ち
なし

ミーティングでは「日向のいた明和FCの選手が8人もいるチーム」と紹介されますが、名前持ちの選手は不在。総合力に優れてるのかと言えばそうでもなく、普通に翼くんにボールを集めていればまず負けません。ちょっと一息てな感じでしょうか。

原作では東邦の準決勝相手として登場。
日向不在も手伝って東邦をほど良く苦しめ、明和特攻スライディング部隊で若島津から大会初得点をもぎ取ります。しかし日向のゲキに発奮した東邦に逆転を許し、結局かませ犬的な展開であえなく敗退。沢木くんと堀くんは大会優秀選手に選ばれましたが、キャプテンの成田くんは選ばれませんでした。

第6試合 ひらど

名前持ち
さの(FW)
じとう(DF)

名前持ちはDFの次藤くんとFWの佐野くん。しかし使ってくる技は佐野くんの「ダイビングヘッド」ぐらいのもの。佐野くんこそ多少厄介ですが、遠くからドライブシュートを撃ちまくっていれば次藤くんは顔を見ずに試合を終えることも可能です。

原作では南葛の四回戦相手。南宇和と共に今大会のダークホースとして恐れられていました。
数々の「奇策」を用いて南葛をかなり苦しめるも、翼くんのドライブシュートの完成により惜しくも敗北。しかし中学編では正直一番苦戦させられた印象です。決勝点は来生くん&滝くんの「銀ぐらいの輝き」から。この2人の最大かつ最後の見せ場でした。

準決勝 ふらの

名前持ち
まつやま(MF)

もちろん松山に要注意。「イーグルショット」が飛んできたら1点献上するくらいの気持ちで。
また、普通にやっていればこのあたりからドライブシュートの決定率が下がってきます。敵キーパーに一旦シュートを弾かせて倒れさせた後、強いシュートを叩き込むという戦法をここいらで体得しておきましょう。

原作では南葛の準決勝相手。藤沢マネージャーの用意した白いハチマキ姿が印象的です。
ですがそれ以外は、正直これまでの試合のようなトンデモな場面もなく、普通に「良い試合」で終わりました。松山がこの漫画にしては珍しいぐらいの正統派キャラなので、実は洋一先生も扱い辛いのかもしれません。

決勝戦 とうほう

名前持ち
ひゅうが(FW)
そりまち(FW)
さわだ(MF)
わかしまづ(GK)

当然ながら日向くんに超要注意。タックルが非常に強く、「タイガーショット」を撃たれたら合掌です。またドリブルはデフォルトが「ごういんなドリブル」なので止めるのも一苦労。もうやりたい放題やってきます。
GKの若島津は基本能力も高いながら、さらに半分ぐらいの確率で「さんかくとび」を使ってきます。ドライブシュートでも通常では決定率が半分以下に。うまく倒れさせてから、強い攻撃に努めましょう。
他はMFの沢田(タケシ)とFWの反町くんが名前持ちですが、結局要注意なのは先述の2人。
なお、延長戦でも決着がつかなかった場合、原作と同じくの同時優勝となります。

原作では言わずもがな南葛の決勝戦相手。巻数にして実に4~5巻に渡り、原作では最長の試合だと思われます。
満を持して登場する日向との対決。ドライブシュートとタイガーショット。取りつ取られつの攻防。そして炸裂する顔面ブロック。最高に見応えのある名勝負でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^