第8章 想いの裏側 ‐ BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

スポンサーリンク

第8章 想いの裏側 -The Other Side of the Gate-

帰宅して翌日、オーディション中に麻央の迫力でコモンへ飛ばされます。これまで通り欠片を5つ取得でOK。
現実に戻ると前章のネツァクが再来し、戦闘に突入しますが、1回目は負けバトルであり、異常な攻撃力とカウンター性能でまず勝つことはできません。

しかし敗北後、なんやかんやで麻央が加入し、これで仲間15人が全員揃い、日菜子たちの武器の見た目がパワーアップし、そしてオーバードライブの可能回数が最高の3回に増加します。ネツァクとのリベンジ戦へ。

ネツァク(HP20000)

まず、ここ以降の原種戦はこれまでの原種との再戦となり、もちろんパワーアップしているほか、接近演出が2回に増加しています。このネツァクも部位の増加こそないものの、HP75%以下と50%以下で発生します。オーバードライブが3回まで増加したことで強力なリンクが発動可能になっていますが、使用は2回目の接近演出後まで控えたほうがいいでしょう。
ネツァク自体は前回と同じく大半の攻撃にデバフを伴うほか、全体に継続ダメージ付与するオランジェマガが大変危険。ユズのローロルクロスの回復量を高めたり、早苗や史緒のサポートスキルで対応を。

撃破でレベルの振り直しができる原初の力を入手します。

フリー期間

  • 戦闘と勝利時のBGMが変化する
  • 屋上のコモンの行き先が中央ゾーンに変化し、四方からそれぞれの複合ゾーンへ行けるようになる
  • 更紗と麻央以外の絆エピソードを完遂まで進められるようになる

このフリー期間より上記の変化が発生します。
絆エピソードの完遂はトロフィーの獲得でもあり、また麻央以外は完遂するか否かで第11章で得られるフラグメントが変化します。一応フラグメントエピソードの確認をしたほうがいいかもしれません。期限は第10章の終了まで。

なお、ミッションのptは「1000pt」あれば今後の重要ミッションもすべてクリアできます。最低限で済ませたい人は、この時点でそこまで稼いでおくと今後がスムーズです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^