第7章 賢者と女帝 ‐ BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

スポンサーリンク

第7章 賢者と女帝 -Reversal-

演劇の最中、麻央を問い詰めると暴走してコモンへ。敵はおらず、ワープを挟むとイベントとなりフラグメント「映す逆さ鏡」の入手となりますが、麻央はまだ加わりません。

そして4体目の原種が出現し、アクティブコマンドの「時間操作」が追加され、ガードも「ジャストガード」と「リフレクト」が可能になります。それぞれ強化もされますが、これは絆ポイントが関係しているかもしれません。

原種のネツァクと戦闘へ。

ネツァク(HP15000)

部位は終始サンドラゴとウィンドラゴの2つのみ。HP70%以下で接近演出があり。攻撃はデバフを伴うものが多めです。ミゼリコキャプコにランクアップを着けて全体化すれば力押しも可能ではないかと。

フリー期間1

この期間より、コモンのゾーンが「喜びと恐怖」「悲しみと怒り」などの複合構成になります。

間章 心はかえなくても -You Are Here!-

有理に呼び出されて科学部室へ。屋上へ出ればイベントが進行し、コモンへリープするもすぐに戻ることになり、そのままフラグメント「虚空色」の入手とともに斎木有理が仲間になります。虚空色は「全強化」の効果で全体回復などに着けるといいですが、そこまで強化されるわけでもありません。

フリー期間2

特筆事項は特になし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^