アルスラーン戦記 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

「アルスラーン戦記」は、「銀河英雄伝説」「創竜伝」などでも有名な田中芳樹さんの大河ファンタジー小説。知名度は高いので、読んだことはないけれど名前は聞いたことがあるという人も多いんじゃないかと思います。本作は、そんな有名小説の待望のゲーム化として、1993年11月19日にメガCDで発売されました。

ジャンルはシミュレーションRPG…風のシミュレーションといったところ。まず何よりレベルの概念がなく、加えてアイテムも編成画面もない、そして戦略性もほとんどない…といった有様です。それなりに手強いシミュレーションRPGを期待して買った人は肩透かしを食らうかもしれませんが、自分のようにゲームを通じて原作をざっくりと学べたらいいなーぐらいのテンションの人には向いているかもしれません。原作ファンの人には…どうなのでしょう。ムービー部分はよくできていると思うのですが。

基本事項

アルスラーンは動かせない
大半のシナリオで死亡が敗北条件になっている主人公のアルスラーンですが、そんな彼に限って操作をすることができず、「通常」「交戦」「防御」「待機」の4つの指示を出せるのみとなっています。とはいえ、終始「防御」に徹すれば問題はなかったり。
基本は攻撃有利
戦闘は能力値を元に確率で判定されるようで、片方がダメージを受ける、もしくは両方ともダメージを受けないのどちらかになります。ダリューンのような強力なキャラであれば攻撃をされたときでも逆にダメージを与えることがありますが、基本的には攻撃を仕掛けたほうが有利です。
その他
  • アルスラーン以外はやられても退却のみ
  • 味方をすり抜けて進むことはできない
  • Aボタンでカーソルが未行動のユニットへ移動する
  • ユニットの移動はBボタンで速くなる
  • 戦闘を「簡易」にしてもシナリオごとにリセットされる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^