あんみつ姫 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「あんみつ姫」は、1987年7月19日にセガ・マークⅢより発売されたアドベンチャーゲーム。もちろん同時期にヒットしていた同名のアニメが原作であり、現時点では唯一のゲーム化作品となっています。

内容は町に開店した美味しいと評判のケーキ屋「ぽんぽこ」へ行くため、あんみつ姫があまから城や関所を抜けるために奔走するといったもの。こんなほのぼのした設定の割に初見殺しのトラップが多く、また唐突にアクションが始まったりと、原作に負けないカオス感が再現されています。

時間の概念

本作には時間の概念があり、朝の9時からスタートして、ケーキ屋の閉店時間である17時になるとタイムアップ=ゲームオーバーとなります。
時間の経過は現実の経過時間が加算されるほか、部屋やお店の出入りを行うと5分消費します。階の移動は特に加算されないと思いますが、6階のみ部屋扱いとなります。

ゲームオーバー

あまから城

  • パパとママの部屋に5回入って怒られる
  • 鎧を着て動けなくなる
  • 「こんぴゅうたあ」の電源を入れて感電する
  • 4階最東の階段を下って落っこちる
  • 燃えたメモ用紙の燃えカスに触る
  • げんないを30分以上待たせる
  • ケーキ屋が閉店する17時になる

関所

  • 中央のお屋敷の門番に3回話しかける
  • 屋台のラーメンを三杯食べてお腹一杯になる
  • 「ぴすとる」を持って関所を通過する
  • 「つうこうてがた(偽物)」を持って関所を通過する
  • ケーキ屋が閉店する17時になる

ゲームオーバーになる箇所はこんなところ。
果たして初回で燃えカスを回避できる人はいるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^