基本事項 ‐ アライアンス・アライブ

スポンサーリンク

作品概要

■ 公式サイト
http://www.cs.furyu.jp/alliance-alive/

フリューが放つ完全オリジナルのファンタジーRPG。
キャラデザや雰囲気はレジェンドオブレガシーを受け継いでいると言えますが、人を選ぶほど尖っていたレジェレガに対し、一転して王道的で万人向けの作品となっています。難易度もかなりマイルドになりました。

基本事項

  • 「L or R + B」でクイックセーブ
  • 「L + R + START or SELECT」でソフトリセット
  • 「START or SELECT」でスクリーンショット
  • ワールドマップで「L + R」で視点リセット
  • スライドパッドのみ「歩く」が可能。敵シンボルに見つかりにくい
  • 戦闘終了ごとHP全回復
  • ダメージで戦闘不能になると最大HPが低下する。寝れば治る
  • 誰かしらの最大HPが0になるとゲームオーバー
  • 装備の重量は行動速度に影響する

セーブデータ

最初は1つのみと思いがちですが、セーブ画面で「Xボタン」を押すことでSDカードと切り替えられ、カードのほうは9つまでセーブできます。クイックセーブは1つのみ。

ステータス

  • 腕力 … 武器と体術の威力に影響
  • 体力 … 行動順、盾のダメージ軽減、毒ダメージの軽減に影響
  • 集中 … 印術と射突攻撃の威力、追加効果の発生率に影響
  • 感性 … 魔術の威力、状態異常抵抗力に影響
  • 敏捷 … 行動順、回避の成功率に影響

武具の品質

  • HQ = 高品質品。性能が上昇する
  • MW = 銘品。重量が軽くなり能力補正が付く。稀に属性耐性も追加
  • XP = 最高級品。高品質品と銘品の特徴を併せ持つ

武器と防具には「品質」の概念があり、それぞれ上記の通りに影響します。
入手アイテムは基本的に品質も固定ですが、ギルドの開発品はランダム品質で生成されます。また、一部の体防具は品質によって頭に「おしゃれな」「極上の」などの形容詞が付きます。

イグニッション

攻撃を受けたり仲間が戦闘不能になったりすると各キャラの下にあるイグニッションゲージが溜まっていき、溜まりきるとイグニッション状態となり、各武器のファイナルストライクが使用できるという必殺技的なシステム。

さらに、中盤で得られる「導火技法拡張」系の資質を習得すれば、イグニッション状態のまま再度ゲージが溜まることで2nd、3rdのイグニッション状態へと入ります。それぞれの特徴は以下の通り。特に3rdはデメリットも多いのと、習得を取り消すことはできないので、習得は慎重に考えたほうがいいでしょう。

2ndイグニッション

  • 戦技・術の威力がアップ
  • 覚醒率がアップ
  • 消費SP+1

3rdイグニッション

  • 戦技・術の威力が大アップ
  • 覚醒率が大アップ
  • 消費SP約2~3倍
  • 受けるダメージ増加
  • 一部コマンド使用不可

状態異常

  • スタン … そのターンのみ行動不能になる
  • 眠り  … 行動不能かつ、イグニッションゲージが低下する。ダメージで解除
  • 石化  … 行動不能かつ、石特攻が有効になる
  • 毒   … 毎ターンダメージを受ける
  • 混乱  … 勝手に行動する
  • 鋭敏  … 被ダメージと回復量が2倍になり、また技巧系戦技の威力が増加する
  • 狂戦士 … 物理攻撃と狂乱系の戦技の威力が増加するほか、
          全防御半減、術使用不可、混乱・鋭敏無効、回避・防御系行動不可になる

キラキラ

秩序の石
黄色いキラキラのほう。これを1つでも持っていれば、全滅時にこれを消費してリトライや撤退が行えるようになります。ただし、その戦いで習得した戦技はリセットされます。また、どうも何らかの条件によって新たに出現するらしく、探索済みの場所でも久々に行ってみるとまた落ちていることも多いです。
ケイオシウム結晶
無色のキラキラのほう。いわゆる「小さなメダル」的なもので、特定の場所でアイテムと交換ができます。詳細はケイオシウム結晶をご参照。こちらは決まった場所に落ちています。

どちらもメニュー画面の右下に現在の個数が表示されます。

連戦

  • 周囲に複数の敵シンボルがいる状況で戦闘に突入すると発生
  • HPとSP、状態異常、イグニッションのゲージや状態などを引き継ぐ
  • 撤退不可だが、戦闘終了時にタレントptのボーナスが入る
  • 最高連戦数は不明。6連戦くらいまでは確認
  • 水魔の巣窟では強制的に常時この状態になる (若干仕様は異なる)

まあ~だいたい他作品と同じく、余裕があるならたくさん狙えばいいし、厳しい場合は丁寧に各個撃破すればいいと思います。ただし、固定配置で強制的に強いられる場面もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^